パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

第3回日本ケータイ小説大賞受賞作決まる」記事へのコメント

  • by VOT (18468) on 2008年09月26日 11時52分 (#1426395)
    自分には理解できない価値観という文化ではありますが、
    だからと言ってバカにするのは間違っているとして・・

    某ライトノベル系の新人賞の一部担当をしていた編集者から
    聞いた話によれば、応募作品の8割から9割は
    まず日本語がメチャクチャで、面白いとか良くできているとか
    以前の問題らしいです。0次審査でそれをバサバサ切っていくのが
    とても苦痛だとか。
    # まだライトノベルが今ほどレベルが上がってない時代の話なので
    # 今ではもう少しマシになっているかもしれません。

    曰く、「日本語が書けてて、ちょっと人を楽しませようっていう気持ちが
      見える程度のものが書けてれば、あと一歩でしょうぐらいには入る」

    ケータイ小説は・・・気が狂いそうだな。仕事でも勘弁。
    • by Anonymous Coward on 2008年09月26日 12時17分 (#1426428)

      某ライトノベル系の新人賞の一部担当をしていた編集者から
      聞いた話によれば、応募作品の8割から9割は
      まず日本語がメチャクチャで、面白いとか良くできているとか
      以前の問題らしいです。0次審査でそれをバサバサ切っていくのが
      とても苦痛だとか。
      # まだライトノベルが今ほどレベルが上がってない時代の話なので
      # 今ではもう少しマシになっているかもしれません。


      これは [kodansha.jp] ひどい [kodansha.jp]。
      親コメント
      • by Anonymous Coward
        >これは ひどい。

        読んですらもらえなかった印字がどのようなものであったのか気にならないでもない。
        あと「メールをよこせ」って一体何があったんだろうか。
        • by Anonymous Coward
          単純に連絡先の書き忘れではないかな?
    • >応募作品の8割から9割は
      >まず日本語がメチャクチャで、面白いとか良くできているとか
      >以前の問題らしいです。
      >0次審査でそれをバサバサ切っていく

      ただ、ケータイ小説の読者層はそういったメチャクチャな日本語で通じ合える人たちなのでしょうから
      バサバサ切った中には彼ら彼女らにとっての傑作があったのかもしれませんね。

      審査側にも特殊なスキルが必要かも。

      #自分たちも高校の頃は何を言われても「ゲロゲロ」で済ませた気がする。

      -- 年がばれるけどIDでいいや
      親コメント
    • 今じゃあ日本語が壊れていればいるほど「独特の言語感覚で唯一無二の世界観を作り上げる鬼才!」
      と持ち上げられますが何か。

      親コメント
      • by Anonymous Coward
        なかなか

        やるな

        しかし日本じゃ

        二番目だ

    • by Anonymous Coward
      灼眼のシャナのしょっぱなもこんなだった気がする。
    • by Anonymous Coward
      そりゃ別にラノベに限らないでしょう。
      編集者の仕事の半分は、著者の文章の翻訳作業だと言っても過言ではないです。
      #残りの半分はネタ出し

海軍に入るくらいなら海賊になった方がいい -- Steven Paul Jobs

処理中...