パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「答え、一発、カシオミニ」が未来技術遺産に登録される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2008年10月05日 20時38分 (#1432323)
    1970年代、高校の学祭で、十進二桁(加算のみ)電卓を製作したときの記憶をたどると
    桁あたり一万円はかかったような希ガス。
    量産効果と、「大容量」で「高密度」な半導体(LSI)による価格降下効果を実感した。

    TTLロジックICや7セグLED ひとつが、秋葉のガード下の部品屋さんで千円程度だった。
    7400, 7404, 7474, 7490, ...懐かしすぎる。TTLなのにソケットを使用したりした。
    シリコンダイオードでも、先輩から熱で半導体が壊れる!と一喝されながら半田付けをした。
    ほとんど体育会系ののりだった。
    自分的には、のちに、後輩にMOS半導体は静電気で壊れる!と一喝していた。
    • by Anonymous Coward on 2008年10月06日 4時00分 (#1432474)
      ちょうどそのころだったかな? 
      「ラジオ技術」か何かにTTLを並べた電卓の製作記事が載っていたのをかすかに覚えている
      当時は凄いことをする人がいるもんだと驚くしかなかった
      電卓が最先端技術だったんだから,のどかな時代だ

      /// 自分的には、のちに、後輩にMOS半導体は静電気で壊れる!と一喝していた。

      昔のCMOSロジックは保護回路が弱かったし,絶縁の良くないニクロム線ヒーターのハンダごてを
      使ってので,みんなおっかなびっくりで扱ってたな
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2008年10月06日 11時55分 (#1432553)
        あの当時、最も壊れやすかったのはゲルマニウムでできたトランジスタだったと思う。
        温度上昇の限界が50度ぐらいしかなくて、ラジオペンチで熱を逃がしながら最短時間でハンダ付け。
        シリコントランジスタになってからはラフに扱ってもめったに壊れなくなったけどね。

        オフトピだとは思うけどなつかしくなってつい書いちゃった。
        親コメント
        • 当時は熱を逃がすためのアルミ製クリップでリード線を挟んで半田付けしてましね。

          静電気でCMOSが壊れるなんて懐かしいなあ。冬なんて黒い導電性スポンジからICを
          抜き出すときに、シャツ一枚になったっけ(当時小学生)

          #今じゃセーター着ててもPCの増設メモリとか素手でさわっちゃうしなぁ・・・
          #(もちろんアースにさわった後だけどね)

          親コメント
        • by Anonymous Coward on 2008年10月06日 15時15分 (#1432674)
          電子工作の入門書みたいなので、手が3本じゃないと無理な解説イラストが載ってたりとか
          親コメント

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...