パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

町田市議会がストリートビューに対する意見書を賛成多数で採択」記事へのコメント

  • でもこれ・・・ (スコア:3, すばらしい洞察)

    こういった規制がまかり通ると、家の前で写真をとったり、町内会のお祭りの写真を撮っても、ブログに載っけた時点でアウト、にならない?
    --
    -- gonta --
    "May Macintosh be with you"
    • こういった規制がまかり通ると、家の前で写真をとったり、町内会のお祭りの写真を撮っても、ブログに載っけた時点でアウト、にならない?
      規制するとなると、いろいろ幅広く問題が絡んでくるから、今すぐ一律にどうこうすることはできない。でも「ストリートビュー」は放置しがたい。だから「検討する」ことを求めてるんでしょ。

      せめて「県道まで」とか「バス通り」とか「商業地域」とか、撮影場所についてはっきりした区分があればよかったのに。うちの近くでも、住宅団地の敷地(いちおう公道ではあるが)が余さず撮影されていて驚きました。あれを許容する理由は思いつかない。
      • by Anonymous Coward on 2008年10月11日 14時01分 (#1435939)
        現状の法律として「公道からの写真を許容しない理由が無い」からgoogleがサービスを行っているのではないでしょうか?

        当然のように「許容する理由は思いつかない」と言われても、意見になってないような
        親コメント
        • 「公道からの写真だったら何をしてもOK」なんて話はありません。

          グーグルがやっているのは、
          民家の外観や表札や、通常覗かれない塀の内側のようすや、人物やクルマ等を密かに撮影し、
          その写真を住所および地図と強力にひもづける形で無断でデータベースに格納し、
          無断で公衆送信可能化して不特定多数がいつでも利用できる状態にし、
          自社サイトへのユーザの誘導を図る、という行為です。
          つまり実際のところ、それが公道からかどうかなんてのは本質ではない。「私有地だと問答無用でアウト」だというだけの話であって、「公道からならOK」ではない。

          うちの近くの住宅団地の例では、トラックもバスもまず通らない、立ち止まって家屋を注視する人がいれば目立つし、ましてや脚立の上で写真機を構えて塀の上から撮っていればあきらかに不審者として見られるような、純然たる住宅地です。商店もほとんどなく、「待ち合わせに有用」などというケースはまず想定できません。メリット(利便性)とデメリット(プライバシーや防犯上の問題)とのバランスを考慮するなら、バランス以前、デメリットのみ。
          実施規模が尋常でないところがまた困る。こういう例が、全国で一体何件あるのか。ちょっとやそっとの数ではないように思いますが、当事者が声を上げようにも、ことはプライバシーなので、「うちも覗かれた」とアピールすること自体が被害を大きくしてしまう。

          ストリートビューの話になると、ゼンリンの住宅地図を引き合いに出す人がいますが、それは違うなと感じます。
          あの手の住宅地図では、確かに表札のデータまで記載されています。しかし写真は掲載されていないので、家の外観や人物が描写されることはありません。クルマの車種やナンバーが特定されることもない。
          そしてそもそも、入手・閲覧するためのハードルがたいへん高いので、誰でもが思いついたときにすぐ閲覧したり、ほらここ、と不特定多数に示して見せることのできるものではない。また製作者の著作物保護の姿勢によって、市中に複製が蔓延することもありませんでした。これらの点でストリートビューとは質的にかなり異なっているので、安易に前例として引いたり、同一視するのは間違いだと思います。
          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2008年10月12日 13時54分 (#1436227)

            うちの近くの住宅団地の例では、トラックもバスもまず通らない、立ち止まって家屋を注視する人がいれば目立つし、ましてや脚立の上で写真機を構えて塀の上から撮っていればあきらかに不審者として見られるような、純然たる住宅地です。

            これ、とっても重要なポイントだと思ってます。
            GSVにせよLVにせよ「家を見ている者を家から見ることはできない」という視線の非対称性をもっているので、世界中に「土地カンのある者」をむやみやたらと増殖させてしまいます。これによって犯罪発生時の捜査対象が広がり、一般市民が安全上の不利益をこうむることになるでしょう。
            一方で、住宅地を公開することのメリットは少なく、利害得失を考えると市民の安全を脅かしてまで公開することに妥当性はないでしょうね。

            それに、GSVで地域の「セキュリティホール」が必要以上に明らかになることによって、住民がいちいち費用負担してそこを修正しなければならなくなります。また、セキュリティホールとなりうるような街区が街並みとして魅力的であったりすることも少なくないわけで、文化的な面でも不要なダメージを受ける可能性があります。
            ※「セキュリティホールを放置しておくのが悪い」とかいう原理主義者の反論がありそうですが、パッチ当てるのとは訳が違いますから。念のため。

            プライバシーとか肖像権の問題は、Googleと被侵害者当事者限りの問題にされてしまうし、価値観の対立になってしまって収拾がつかなくなるので、防犯という公益性の観点から論じる方が得策と個人的には思ってます。

            親コメント
          • >トラックもバスもまず通らない、立ち止まって家屋を注視する人がいれば目立つし、ましてや脚立の上で写真機を構えて塀の上から撮っていればあきらかに不審者として見られるような、純然たる住宅地

            なんか、勝手な思い込みが入っているように思います。
            そんなところで、あんな目立つ車だけが密かに撮影できたというのは不思議だと感じますが、なぜ密かに撮影できたんですか?
            親コメント
            • なぜ密かに撮影できたんですか?
              グーグルは、撮影前にも撮影中にも何の告知もせず、
              知らなければそれがカメラだとはわからない機材を使用して、
              停車せずに走行しながら撮影を行っており、
              そもそも実際にストリートビュー機能が利用可能になるまではまさかそんな目的のためにそんな住宅地を撮影する者がいるとは想像もできない状態だったので「密かに」と書きました。

              さらに、報道 [mainichi.jp]でもグーグルのリリース [google.co.jp]でも「札幌、小樽(北海道)、函館(同)、仙台、東京、さいたま、千葉、横浜、鎌倉(神奈川県)、京都、大阪、神戸の12都市でスタート」とあって、
              うちの県まで来ているとはアナウンスされていないにもかかわらず実際にはカバーされてしまっているので、
              自宅の外観等が撮影されて地図とひもづけられて送信可能化されていることに気付いていない住民も(自治会などで話題になっていなければ)多いのではないかと思います。
              親コメント
          • by Anonymous Coward

            ことはプライバシーなので、「うちも覗かれた」とアピールすること自体が被害を大きくしてしまう。

            自分の家の画像を削除させるとか、町内会単位でgsvの対象から外させるということはできると思うのですがそれでもだめですか? 前者はgsvに(メールアドレスをgoogleに提供しなくてはいけないが)インターフェースが用意されていますし、後者も個人ではなく地域団体で交渉すればgoogleが反対できる理由も無いはず。代表者/代理人をたててうんぬんするのがコストもかかって迷惑ってのはありますけど。

            住宅地でgsvのメリットですが、面白いってのはだめですかね。まぁ実用上普段から役に立つものでは無いと思います。個人の家が目標になるのは非日常的な事かなと思いついたのですが、葬式とか法事なんかで親戚、知人が集まるときは便利とか。葬式の花輪にオプションでgsvのapiを使ってあなたの家の前にも 花輪をとか。

            • Re: (スコア:0, フレームのもと)

              by Anonymous Coward

              自分の家の画像を削除させるとか、町内会単位でgsvの対象から外させるということはできると思うのですがそれでもだめですか?前者はgsvに(メールアドレスをgoogleに提供しなくてはいけないが)インターフェースが用意されていますし、後者も個人ではなく地域団体で交渉すればgoogleが反対できる理由も無いはず。代表者/代理人をたててうんぬんするのがコストもかかって迷惑ってのはありますけど。

              その通り迷惑。

              住宅地でgsvのメリットですが、面白いってのはだめですかね。まぁ実用上普段から役に立つものでは無いと思います。個人の家が目標になるのは非日常的な事かなと思いついたのですが、葬式とか法事なんかで親戚、知人が集まるときは便利とか。葬式の花輪にオプションでgsvのapiを使ってあなたの家の前にも花輪をとか。

              ふざけるな。

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...