パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

数独の次は? iRectancgles:次の数独パズルと狙う四角を切り取るiPhoneゲーム」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2008年11月13日 14時49分 (#1454831)
    • by Anonymous Coward
      ハマるは、これ。ピクロス以来か。
      やり直しが効くから、マインスイーパーと違ってオッサンとしてはありがたい。

      解らなくても、最初は適当に数に合わせて区切っていって、辻褄が合わなくなったところを修正していけばいいんだから、経過時間とか手数とか気にしなければ、時間さえかければ大抵の人は解けるだろうし。慣れていけばスコアを気にしつつ解いていくようにするだけだし。

      ルールが単純でハードルが低くて奥が深いね。いいパズルだ。

      頭の体操は、やっぱり達成感(脳へのご褒美)がないとね。
      難しくて途中で投げ出してしまう場合、後に残るのは挫折感だけだし。
      • 確かに、ピクロスに近いわコレ。

        ピクロスが外から埋めて行くのに対して
        これは中から埋めていくというか。周りを推測するというか。
        で、数値の大きい箇所から攻める所はまったく同じだね。

        個人的には、こっちの方が公約数が出てきておもしろいな~。
        小さい数字だけど、公約数が少ない(=制約が厳しい)7とか5がポイントになるとことか。

        # ルールが各四角をぴったりくっつけるだけど、これがピクロス同様1マス放すとかになると
        # 複雑だけど空白分を含めた面積が変わるから、面白くならないかな?
        # たとえば4だと、1x4で使えば周りの余白込みで3x6=18占有
        # 2x2なら余白込みで4x4=16 みたいな(難しすぎか?)
        親コメント
    • by Anonymous Coward

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...