パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

国際宇宙ステーション、10周年おめでとう!」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2008年11月20日 22時40分 (#1459349)
    細かいモノを飛ばしてしまってデブリ云々てのはしばしば聞く話だけど

    それよか飛行士が船外活動で外部からグリースガンを使ってぶちゅっと
    注油する様な液体潤滑剤の用い方をするんだなと感心しました。
    軌道上っていうと真空で低温側にも高温側にも温度環境が厳しいんで
    普通の潤滑油が蒸発して使えないから固体潤滑が原則で、液体潤滑は
    熱設計に配慮した衛星内部で限定的にやってるだけだと思ってました
    • by Anonymous Coward
      ガンダムとかでよく出て来る、ワイヤーを打ち出すアレみたいなのは実用化されてないのだろうか。
      ワイヤーを絡めてなんとか回収・・・無理かな。

      #一周回ったら回収できないの?とか思ったド素人です。
      • by Anonymous Coward
        アンテナやら太陽電池パネルやら、あんなこんないけないものばかり絡まるのがオチかと。
        それより、持ち物全部にヒモつけといた方が早そう。すぐ絡まってわけわかになるからダメか。
    • by Anonymous Coward
      真空容器の中で使うグリスとかも売ってますね。
      あまり動かない機構ならベアリングをアルコールと超音波洗浄で脱脂して
      グリスを落としてしまったりもしますが。
      • by Anonymous Coward
        真空用だとフッ素系ですかね。

        軸受を無潤滑で使うのはイケナイと思いますよ。

※ただしPHPを除く -- あるAdmin

処理中...