パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

テレビ局や新聞社が軒並み経営不振、マスメディアの将来はどうなる?」記事へのコメント

  • 娯楽のほうはネットで代替できそうなので、娯楽面でマスメディアの必要性は感じませんが、報道面だとどうでしょうね。
    偏向報道だとか何とか、マスメディアを叩く人たちは後を絶ちませんが、ほぼすべての報道をマスメディア経由で受けている現状、マスメディアの崩壊が報道の崩壊に直結することを理解しているのか、知っていて頬被りなのか。

    我々が自ら取材する能力があればね。でもそういう連中を彼らはやっぱり叩く、「プロ市民」だと。
    • 現在の形の、マスメディアによる「報道」が崩壊すれば、なにかしら
      新しい形の「報道」が立ち上がるだけだと思いますよ。

      それか、「普通の業界」みたいに、叩かれないよう健全なものにシフトしていくか。
      まあ無理でしょうけど。
      親コメント
      • >現在の形の、マスメディアによる「報道」が崩壊すれば、なにかしら
        >新しい形の「報道」が立ち上がるだけだと思いますよ。

        どうだろうか。
        取材され、流通した情報をどう扱うべきかというのはネット上で答えが出ている。
        すなわち、流通させた情報に一切の権利を行使せず、その判断、批評などは利用者の自由な裁量に任せるのが最も望ましい姿であるとされているし、新しい「報道」はその形に近づくでしょう。

        ですが、新しい「報道」は、誰が何をどうやって取材するのか、という部分に答えが出ていません。
        現状は記者クラブの存在のため、取材はマスメディアに独占された状態ですが、たとえこの独占が崩れたとしても、マスメディア以外の人間が対象を適切に取材し、報道に適した形に情報を再構成することができるのでしょうか。

        できないとすれば、報道の情報は全く流れなくなるか、その質を大きく落としてしまうことになります。
        そこが、現状我々がマスメディアを批判しつつ、依存しているというねじれた関係であると指摘している部分です。
        親コメント

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...