パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

英仏の原子力潜水艦、北大西洋沖で衝突」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2009年02月18日 9時36分 (#1515959)

    両方ともシーサーペントに衝突した。

    か、どっちかにテロリスト集団とコックが乗ってて、奪還までのごたごたのせい

    • Re:本当は (スコア:5, おもしろおかしい)

      by toworu (27387) on 2009年02月18日 12時50分 (#1516136)

      原潜をひさぐ者あり。これをほめていわく、「わが原潜の鋭敏なこと、どんな艦でも探知するなり。」と。
      さらにいわく、「わが原潜の隠密なること、どんな艦からも隠れるなり。」と。
      ある人いわく、「その原潜でその原潜を探知させては如何。」と。
      そこの人、試みたところ、原潜同士が衝突したるなり。

      親コメント
    • by T.SKG (20663) on 2009年02月18日 11時57分 (#1516079) 日記
      パトロール中とのことだが、衝突を回避できない処まで
      相手の存在を見つけられないんじゃ、一体何をパトロール
      しているのやら。

      英仏ともに飲んでいた訳じゃないだろうし。

      これは、第三の艦船(あるいは、シーサーペント)を追いかけて
      いたら、追っていたのは自分だけじゃなかった、目標が目の前を
      通り過ぎたら、その向こう側にも、潜水艦がいたとか。

      余程、目標が魅力的だったので、周囲の状況にまで気を回せな
      かったんでしょうか。
      親コメント
      • Re:本当は (スコア:2, 参考になる)

        by qem_morioka (30932) on 2009年02月18日 12時34分 (#1516117) 日記

        ミサイル原潜だと相手はもちろん自軍からも見つからないような場所にいて
        万が一(笑)のときにSLBMを打つというのが任務ですので
        極力アクティブソナーなんて打たないでしょうね。

        ローレライじゃないが潜水艦に目というのは、あれば
        一方的な戦力の差につながるんだなと。

        よく回避したもんだと思います。

        #で、これがニュースになることもね

        親コメント
      • Re:本当は (スコア:2, 参考になる)

        by toworu (27387) on 2009年02月18日 12時40分 (#1516123)

        >>パトロール中とのことだが、衝突を回避できない処まで
        >>相手の存在を見つけられないんじゃ、一体何をパトロール
        >>しているのやら。

        両方とも戦略ミサイル原潜ですから、身を潜めつつ動き回るのが”パトロール”です。
        自国が核攻撃されたときに、報復用の核ミサイルを撃つのがメインの仕事です。

        親コメント
      • タレコミから:

        北大西洋の海中で衝突事故を起こしていたことが明らかになった。
        双方共に低速潜行でパトロール中であり、ともにソナーを備えているが機能せず、接近に気付かず衝突してしまったという。事故の発生現場、原因についての詳細は明らかにされていない。

        海域は分かりませんが、双方相手が動いてるかどうかも分からないような微速で動いていてソナーが分析しきれなかったとか…スクリューを止めて、音や不自然な海流などといった全ての潜水艦でユニークな部分がほとんど感知出来ない状況で「なにがある…?!どこの潜水艦だ?それとも鯨か?」と思って腹の探り合いしてる内にお互い近づきすぎて、ヤバい距離でお互い原潜がいると気がついて、一気にスクリューのパワーを戻した時には加速が間に合う時間もなく、舵を切ることもままならずにゴッツンしちゃった。と言う感じじゃないですかね?

        まぁ、北大西洋にあたるかびみょーですが、大西洋にはサルガッソー [wikipedia.org]のような非常にややこしい海域があるし、ここかどうかはともかくとして素直じゃない音響特性を持つ場所と言うのは海にはかなりあるのでは…

        そういう所で余りに静かな原潜が漂ってる構図と言うのは結構怖いですね。

        多分、お互いどこぞの海域で海上にブイを浮かべて通信拾ったりする情報収集活動に勤しまれていたのでしょうが、イギリス側が攻撃原潜なのはまだしも、フランス側の方が弾道ミサイル原潜を持ち出してると言うのが二重に物騒(今が平時だからこそ、弾道ミサイル原潜のような「ちょっとした紛争では危なくて使えない」代物をこういう隠密任務に駆り出したのでしょうが)
        …どこの海域で「お仕事」やっていたのか非常に気になるのですが。北極海じゃなくて北太平洋と言っている辺りが強く気にかかる。

        親コメント
        • イギリス側が持ち出したのが攻撃型原潜(トラファルガー級)だと勘違いしていました。
          実際にはイギリス側も弾道ミサイル原潜(ヴァンガード級)だったのですね。

          # それにつけても北大西洋だというのが気になる…情報収集ならば相手はキューバか北アフリカかアメリカか、
          # それともイギリス・フランスの近海だったのか?何が目的で関係が悪くない両国の最高機密がそこに潜みつづけていたのか?

          親コメント
      • by Anonymous Coward
        冷戦時代には、米ソの潜水艦の衝突「事故」が多々あったようですよ。

        潜水艦は、内側と外側の二重の殻があるので、外側の殻が壊れてクッションになると思います。
        もちろん、衝突の角度がヤバくない限り、ですが。

        内側の殻まで壊れると乗員は死ぬわけですが、原子炉や核ミサイルの安全処置くらいはする余裕があると思いますよ。
        なにしろ、潜水艦は沈むことを前提に設計されてるのですから。
        • by hashitom (34540) on 2009年02月18日 14時13分 (#1516211)
          複殻式はどちらかというと劣勢ですよ。

          今回接触したバンガード級、ル・トリオンファン級、および
          アメリカ海軍のオハイオ級のいずれも単殻式です。

          まあ、それを認めると貴兄の書き込み自体の面白みがなくなるのはわかります。
          親コメント
    • by Anonymous Coward
      本当はどっちも「やまと」を追っていたんだよ

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...