パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

mixiのエンジニア、「オンライン・コーヒーポット 2.0」を開発」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    時代は変ったものですね。

    いまのパソコンにはパラレルポートもシリアルポートも付いていないんですね。
    だから、ちょっとしたI/FでさえもUSBを使わないといけない。

    まぁ、USBならば1台のPCに幾つも繋げられるので、いいことではありますが。
    • 煮詰検出 (スコア:4, おもしろおかしい)

      時代が変わったと来れば、
      WEBカメラをつなげてコーヒーメーカーを映しておいてblog画像更新
      画像の変化で、入れたてか、保温で煮詰まっているかの判断を。

      コーヒーが出来ました!!(≧▽≦)
      9:21 PM Feb 24th from mixiEchoAlert
       :
      誰ものんでくれないじゃない!!(;_;)
      10:21 PM Feb 24th from mixiEchoAlert
       :
      煮詰まっているからXX君(←在籍者の中からランダムに選ばれる)飲んで!!(;_;)
      11:21 PM Feb 24th from mixiEchoAlert
       :
      あ、、あなたのために炒れたコーヒー、、、せっかくだから大切に飲みなさいよ!!(//_//)
      11:26 PM Feb 24th from mixiEchoAlert

      • Re: (スコア:2, すばらしい洞察)

        ネタにマジレスしますが、ネタ元のブログによると

        ガラス製コーヒーポットは安価に入手可能ですが、その構造上、保温性が低く、残量がある限り常に底部のヒーターでコーヒーを加熱し続けなければいけません。(略)常に加熱を続けることでコーヒーが煮立ち、本来の味を損なってしまうのもコーヒー好きには許しがたいことで、現在ではポットに魔法瓶を採用した保温性の高いコーヒーメーカーが市販されています。

        という理由により、「カメラによるコーヒーポット監視方式」は不可とのことです。

        今回のネタでは、コーヒーメーカーの表示するLEDを「マイコンとセンサで検出してUSBに変換しPCに送る」ことで状態検出を実現してますが、
        「コーヒーメーカーのステータス表示部をWebカメラで撮影」し、PC側でソフト的に画像認識させる、と言う手段でいけば、ハードウェア的にはすごく手軽に実現できそうです。
        #作っててあんまり面白くなさそうですけど…

        • マジレスありがとうございます。
          いちおうコーヒーを注いだところも画像でとらえて回数をカウントするということで残量をざっくり算定
          ってことでソフトウェア的に少々面白いかと。もしかしたら魔法瓶式だと残量ゲージも画像でとらえられると簡単ですが。。
          ハードウェアでやるとしたら、タンクなんかにつかっている超音波式の空洞共振ですかね。

          煮詰まって酸味が増すのってpHはかわっているんでしょうからpH値をグラフにできると面白いと思います。
          pHセンサ、秋月電子で売ってたような気がしたんですが、みあたらないですね。

          #なんにせよ入社1年目の新人さんがこういうことに挑戦するのは良いことだと思います
          • >pHセンサ、秋月電子で売ってたような気が
            これ [akizukidenshi.com]でしょうか?
            それを使ったデジタルPH(ペーハー)メータキット [akizukidenshi.com]の説明にもあるとおり、pHを電位として計測できるので、計装アンプ [akizukidenshi.com]付けて、A/Dに放り込んでやればとりあえず実現可能かも。
            #残念ながら、このセンサは連続計測用ではないので、計測後はKCl溶液に付けてやらないとイケナイ。プロセス用pHセンサー [kankyo-net.com]は高いし。
            #適当なポンプでサンプリングして、波長を選んだLEDとCdSの比色光度計で酸化を観察できないかな。
            #参考まで、pHセンサーの豆知識 [m-system.co.jp]
            親コメント
            • by sameshima (10060) on 2009年03月03日 8時26分 (#1523839) 日記

              ありがとうございます
              うーむ。こりゃ面倒ですね。チビロボット一匹コーヒーメーカーの横においといて、そいつが
              ときどきポットの蓋をあけて、センサを入れてpH測って、おわったらKCI溶液に漬ける。

              >#適当なポンプでサンプリングして、波長を選んだLEDとCdSの比色光度計で酸化を観察できないかな。
              なるほどポンプでサンプリングがよさそう(いま気づいたんですがCdsってカドミウム入ってるからRoHS的にやばいんですね)
              試験紙をWEBカメラで撮って…

              #光透過性とか電気伝導度とか音速の変化とか、べつのもんでできないもんだろうか。

              親コメント
              • by Anonymous Coward
                実際に計測しないで、家庭用の体脂肪率計のように、間接的に数値化したらどうだろう。
                経過時間と酸味の関係を適当にサンプルとって調べて、あとは、そのデータをもとに推定。

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...