パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

OSI、EU公式オープンソース・ライセンス「EUPL」を認定」記事へのコメント

  • かえって混乱を巻き起こしそうな。少なくとも僕は混乱している。

    なんというか今までは、GPL にせよ BSD ライセンスにせよ、これさえ適用しておけば世界中どこでも同じ扱い (細かい法的根拠はさておき) なんだ、と思っていられたんだけど、EUPL のように国境や地域を意識させるようなライセンスが出てくると、例えば自分の GPL ソフトウェアは EU 圏の人は EUPL として使いたのか GPL のままでも問題なく使えるのか、とか余計なことを考えてしまう。こんな調子で Asian PL とか USPL とかが仮に乱立したとしたら、EUPL or AsianPL or USPL で配布、とかするようになる

    • by Anonymous Coward

      GPLやBSDLに根拠がないと言うことでなく、各国でいちいち裁判をして
      有効性を確認するのは面倒くさいから最初から考証を入れたライセンスを
      書きましたよということでしょう。

      CCもそうですけれど、各国版にライセンスの互換性を示す仕組みがあれば
      世界中で同じ扱いをすることの妨げにはならないと思いますよ。

      • > CCもそうですけれど、各国版にライセンスの互換性を示す仕組みがあれば
        > 世界中で同じ扱いをすることの妨げにはならないと思いますよ。

        そういうところまでくれば、妨げにはならないのだけど、それを実現するには、膨大な労力がかかります。CCでそれを実現できているのは、各国に弁護士資格保持者などの支援者がいるからで、本来なら、GPLでもなんでも、そういう取り組みまで持ってこれれば良かったのだけど、少なくとも日本では実現してないようです。

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...