パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

若者はMP3の「雑音」がお好き?」記事へのコメント

  • ビットレートの低いMP3では、多くの場合高い周波数の音を切り捨てています。
    可聴域ぎりぎりの高い周波数の音は、ノイズ的なものを多く含んでいることがあるので、そこがなくなることによって聞きやすく感じるのかもしれません。
    歳をとるとだんだん高い周波数の音が聞こえなくなるので高周波数域を邪魔に感じることはなくなるのかも?
    ちなみに、私は今のところネズミ除けの超音波が聞こえて不快に感じることがあるのですが、もうちょっと歳を重ねるとそんなことはなくなるのでしょうね。
    • 単に慣れの問題じゃないですかね。
      むしろオーディオ関連でばっかりこういう話題が
      俎上に上ることが興味深いです。

      もしこれが「普段アナログのブラウン管テレビを見ている人に
      ハイビジョン放送を見せたら評判悪かった」とかなら
      怪しむ人もあんまりいなさそうだし。
      # もちろん、昔の番組を解像度の高いディスプレイで見て
      #「違和感がある、アナログテレビの方が高性能だ」とか
      # 言い出す人もいない。

      やっぱ画像だと「ぱっと見ればわかる」というのが
      デカイんですかねぇ。
      # 音声も耳で聴けばわかりそうな気がするけど。

      --
      yp
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2009年03月13日 17時58分 (#1530491)

        時代劇はフィルムで撮影していた昔のものの方が好きですねぇ。
        ズラの境目からセットの隅の小道具までくっきり映るようになればなるほど、
        むしろ安っぽさばかりが増幅されるように感じています。
        スポーツ中継なんかは、クリアになればなるほど臨場感が高まるような気がしますけど。

        親コメント
        • フィルムをやめた当初は、現代劇でもセットの薄い壁が丸分かりになったり、
          部屋の内装がきれい過ぎて生活感が伝わってこなかったりと、
          鮮明に映ることのデメリットばかりが強調されちゃってましたね。
          常にライトで照らしてショーアップするような映像って少ないですし。

          日本では室内で間接照明を用いる場合が少ないので尚更だと思います。
          海外ドラマの方がまだ映像的に「見れる」ものがあるのはそういう面もあるのかなと。

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          それ分かります
          映像の品質は上がっているんですけど、時代劇には似合わない
          コストの問題でそうも言ってられないんだろうけど

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...