パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

OSI、EU公式オープンソース・ライセンス「EUPL」を認定」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward
    言語かどうとか言ってるけどいつものようにアメリカ起源が嫌なんでしょ。
    • by Anonymous Coward

      言語がどうとかよりも、各国で法的根拠となりうるかってところが問題なんですよね。

      • Re: (スコア:1, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward

        そもそも大抵の契約の有効性の適法性に置いては、相手に正しく伝わることを前提としている。
        国に拠っては明示的に公用語での記述を求めている筈。

        つまり、「言語も凄く重要」。

        #でないと俺様言語でも良いって話になる。

        • by Anonymous Coward

          オープンソースのライセンスを契約とした場合には、そもそも
          理解して同意しないと対象のコードを利用できないのだから
          言語が通じないから無効と実際の当事者間では言い難いと思う。

          当事者の認識に関わらず言語によって契約の無効を強制する国も
          あるのかしら。

          • by Anonymous Coward

            オープンソースのライセンスを契約とした場合には、そもそも
            理解して同意しないと対象のコードを利用できないのだから
            言語が通じないから無効と実際の当事者間では言い難いと思う。

            大抵はチェックボックスにチェックを入れてOKボタンを押せば使える物ばかりだと思うが。
            それこそネコでも大丈夫なくらいに。
            ってか、それだと不当契約の裁判なんぞ無いって事になるよ。

            不当契約の裁判が表しているのは「規約は書けば良いって訳じゃない」って事だろ。

アレゲはアレゲを呼ぶ -- ある傍観者

処理中...