パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

補助スピーカを用いた「音忠実再生技術」」記事へのコメント

  • SSDを使って完全モータレスの環境が簡単に出来るでしょう。
    まぁ、それなりのオーディオカードを使わないとそれなりの音は得られないけど

    • by Anonymous Coward
      スピーカーの話なのでモーターは無関係では?
      • Re:別に苦労しなくても (スコア:3, おもしろおかしい)

        by dameneco (33758) on 2009年03月18日 2時17分 (#1532776) 日記

        本文に筐体などからとあるので

        >スピーカーの話なのでモーターは無関係では?

        ピュアオーディオのアンプとモニタを使用すれば何の問題もないこと
        アンプに30万モニタにペアで20万もかければ十分では?
        電気も並みのPCぐらい食うけど
        #そのすぐ下のクラスを使っているけど文句はない。
        ま、箱鳴りするような「スピーカ」を使っているなら論外。

        親コメント
        • by nim (10479) on 2009年03月18日 8時30分 (#1532855)

          >ピュアオーディオのアンプとモニタを使用すれば何の問題もないこと

          「いい音」を出すための技術じゃなく、「(なるべく)そのままの音」を
          出すための技術ですが。

          たとえば室内で「そのままの音」をスピーカーから出したら、
          当然ホールで聞くのとは全然違って、「いい音」じゃなくなるでしょう。

          親コメント
        • by Anonymous Coward
          > 本文に筐体などからとあるので

          本文は「通常のスピーカーでは、筐体などから原音以外の音が発生してしまうという。」なのでスピーカー以外の機器は対象になっていません。
          「筐体など」の「など」はスピーカーを構成する筐体以外の部品を指しています。

          > ピュアオーディオのアンプとモニタを使用すれば何の問題もないこと
          > アンプに30万モニタにペアで20万もかければ十分では?

          今回の手法はコストが明示されていませんが、ノイズキャンセリングと似たアプローチなのでそれよりもかなり低コストに実現できる可能性はありますね。ただnimさんが指摘されているように、今回の論点はピュアオーディオの「音質」の話ではなく「いかに原音に忠実に再生できるか」ということです。
          • by Anonymous Coward

            「原音」って言葉が混乱の元になっているんでない?
            これは多分「スピーカーに入力される音声信号」に対しての話であって、本来の大元の演奏等の意味である「原音」とは全然関係無い話なんで無いかと。
            解っていてボケている人も多そう。

            ってか、この手の技術を訴えるなら「原音」なんて言葉を使っちゃダメでしょう。
            #要は、音声信号のS/N比を挙げても対処できない、スピーカー出力時に発生するノイズに対応してS/N比を向上させる案ってだけ。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...