パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

補助スピーカを用いた「音忠実再生技術」」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    原音以外の成分を分離できるなら、その逆相の信号は、メインスピーカーを駆動する信号に足せばいいんじゃね?
    と思ってしまうのは、どこが間違っているんでしょう?

    • 何も音が出なくなるんじゃ。
      原音以外の成分の逆相を生み出す信号=元の信号の逆相 では?
      #これはこれでピュアなサウンドかもしれないが虚無すぎる

      親コメント
      • いや。できるんじゃね? ようするに無限インパルス応答 [wikipedia.org]と有限インパルス応答 [wikipedia.org]の違いでしょ。でもって,逆相音の再生にメインスピーカーを使うと結果的にインパルス応答が無限ループする話になるから,ノイズに対してヘンな残響音を合成する怖れがある。

        --
        斜点是不是先進的先端的鉄道部長的…有信心
        親コメント
        • 別のスピーカーを使う場合でも、メインスピーカーの信号に足す場合でも、
          出てきた音をマイクなどから拾って、そこから出すべき「逆位相の音」を算出してるなら無限インパルス応答(IIR)だし、
          あらかじめ求めておいた音響特性に基づいて、本来出す予定の音から「逆位相の音」を算出してるなら有限インパルス応答(FIR)。
          どちらの場合でも、制御の流れは同じです。

          今回の場合、はっきりとどちらと書いているわけではないですが、おそらく後者でしょう。

          「原音に忠実」とは、「インパルス応答がインパルスになる」ということですから、
          メインスピーカーで打ち消す場合、「逆位相生成機」の伝達関数と、スピーカーから先の音響特性の伝達関数の、畳み込みが「インパルス」になればいいわけです。
          単に逆位相を生成するのではなく、いわば、音響伝達特性の「逆関数」を求ることになります。
          あるいは、音響特性 f に対し、恒等的に f(g(x))≡x になるような関数 g を求めるといえばいいでしょうか。

          一方、別のスピーカーを使う場合だと、そちらのスピーカーから音を出した場合の「音響伝達特性」も考える必要があります。
          サブスピーカーの音響特性をhとすると、恒等的に f(x)+h(g(x))≡xになるような関数gを求めることになる。
          特性hが特性fに比べて単純なら、こちらの方式のほうが、逆位相の音を求める関数gの算出が簡単になります。

          親コメント
          • 私の工学系の無知がバレる・・・ みんな知ってるか。

            一方、別のスピーカーを使う場合だと、そちらのスピーカーから音を出した場合の「音響伝達特性」も考える必要があります。

            ということは,あえてメインスピーカーを使わないのは「原音以外の音」の音響的な指向性がメインスピーカーとは異なるっていうことなのかもしれないですね。

            --
            斜点是不是先進的先端的鉄道部長的…有信心
            親コメント
          • 制作用途だと、例えばこんなのも売られてます。まさに後者の通り、マイクで拾った信号を元にスピーカ出力が平坦になるようにフィルタ処理をするようです。使ったことないので効果のほどは不明なのですが。
            http://www.minet.jp/ikmultimedia/?page_id=64 [minet.jp]

            制御の難しさ的には
            空気の振動としての音声波形>>アナログ電気信号としての音声波形>>>>>データとしての音声波形
            だと思うので、空気の振動に変換された後で何とかするのは、わざわざ難しく解決してるような……。

            親コメント
        • by Anonymous Coward

          それ、外でマイクで拾ってそれを元にノイズ成分を決定するのだから、
          スピーカーが別にあっても同じことだと思うの。

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...