パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

もうやらなくていい昔のコーディングテクニックあれこれ」記事へのコメント

  • 紙メディアにカッターナイフで穴をあけたり、ハサミとセロファンテープで切り貼りしたりなど、
    物理的なテクニックは駆使してましたよ。さん孔機の順番待ちをするより早いですから。

    あとはパンチャーのおばさんにお菓子を持って行くのも、ひとつのテクニックです。

    --
    〜◍
    • Re: (スコア:3, 参考になる)

      紙テープを繋ぐツールが色々とありましたね。でも、こんどは高速のテープリーダにかけると、繋いだところでテープがひっかかってちぎれたりするんですよ。

      さん孔タイプライタで打ち込みに集中していたら、テープが引っかかって、横一列に穴が空いていただけっていうトラブルも見かけました。集中していても、たまには脇見をしましょう。

      あと、忘れてならないテクニックが、メインフレームのラインプリンタは筐体が大きくて余裕があるので、ものを隠すには最適ってことです。オヤツとか隠しやすい ^-^)

      • by dameneco (33758) on 2009年05月04日 17時59分 (#1559123) 日記

        >あと、忘れてならないテクニックが、メインフレームのラインプリンタは筐体が大きくて余裕があるので、
        >ものを隠すには最適ってことです。オヤツとか隠しやすい ^-^)

        あの頃のプリンタは五月蝿かったので防音ケースに入れるか隔離されてましたね。
        #ぎりぎり紙テープを見たことのある世代

        親コメント
        • by nmaeda (5111) on 2009年05月05日 2時30分 (#1559338)

          今でもそういう防音ケースはありますよ。経理、金融用途などで連続紙、特にカーボン紙を要求する伝票類とか、レーザーやインクジェットではダメなので。事務的な考え方次第で止められるので、減りましたが。

          親コメント

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...