パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

もうやらなくていい昔のコーディングテクニックあれこれ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2009年05月04日 19時21分 (#1559160)
    メモリモデルがsmallになるように、サイズ調整しまくりました。
    LSI-C 試食版にはお世話になりました。
    80286-12では辛かったけど、今試したら速いんだろうなぁ。

    Borland C++ 4.02で想定外の挙動をする場合があったので、アセンブラのソースを吐き出させて、そこだけアセンブラでコーディングし直してました。

    初期はFD運用だったので、拡張メモリでディスクキャッシュやRAM Driveを使ったりしてました。
    RC.SYSにもお世話になりました。

    DOSの時代の方が苦労したけど、楽しかった気がするなぁ。
    • by suzushiro (30819) on 2009年05月04日 20時29分 (#1559193)
      Turbo pascalはmediumだったかな?どうしても大きな配列を使いたくて、
      Hugeが使えるQuick Basicで書き直す羽目に。
      親コメント
    • by tiga (4391) on 2009年05月05日 16時24分 (#1559568) 日記

      >DOSの時代の方が苦労したけど、楽しかった気がするなぁ。
      同感ですね。

      会社では、MS-Cを使ってましたが、
      吐き出している中間ファイルを見ていると、lex yacc asm ldが吐き出したような中間ファイルがあって・・・新人研修の材料に使った記憶が・・・なんとなく残っています。

      時代は変わりますが・・・家では、go32を使ったgccのイメージが、強く残っています。
      当時は、主記憶8MBの時代でしたが、いい思い出ですね。

      親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...