パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

新型インフルエンザ、国内初のヒト—ヒト2次感染を確認」記事へのコメント

  • これからは偏見 [cocolog-nifty.com]対策が重要です。自宅待機してくれる人たちは、疾患の伝播を断つ楯として挺身して呉れているのです。それをお前のせいで、とか、仕事や勉強・部活をしないと後ろ指を指してはいけません。「学校は,インフルエンザ(H5N1)に関する適切な知識をもとに,児童生徒等に対し,発達段階に応じた指導を行うことなどを通じ,インフルエンザ(H5N1)を理由とした偏見が生じないようにすること。(18文科ス第115号 [mext.go.jp])」の趣旨は3年の月日でさて浸透したでしょうか?
    自宅待機中のストレスやその人たちと向き合う役割の人たちの負担については様々なものがあります[NZ保健省のMSワード書類 [moh.govt.nz]]
    一方で、管理職の意識の向上が尚更必要になります。新型ではないようですが、九重部屋で夏場所前に沢山の流感 [sponichi.co.jp]が出て、しかし親方は稽古を強い [yomiuri.co.jp]まし
    • Re:水際より偏見対策 (スコア:5, すばらしい洞察)

      by INTEGRA ZXi (7950) on 2009年05月17日 12時11分 (#1567015)

      まず、皆勤賞という習慣を撤廃しましょう。病気をおしてよく頑張ったということを褒めたたえる風習を排し、病者を労る文化にならないと、社会が護れません。

      同感です。付け加えるなら、病人自身も、「病気なのに頑張ってる自分は偉い」「自分がやらなきゃ誰がやる」などという思いこみを捨て、病気になったら素直に休暇を取るよう、意識改革をしなければいけないでしょうね。もちろん、仕事上「休みたくても休めない」という状況はあるのかもしれませんが、咳などで病原菌をまき散らしながら出社してくる人を見ると、他人の迷惑を少しは考えろと言いたくなります。

      親コメント
      • Re:水際より偏見対策 (スコア:4, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward on 2009年05月17日 13時19分 (#1567063)

        感染性疾患の罹患の自覚があるのに無理に出社・登校してくるような奴は非常識であるという常識を
        センセーショナルな偏見混じりでかまわんからマスコミには垂れ流ししてもらいたいもんだ

        そんなに仕事をしたいなら在宅勤務でやれ
        社外秘情報をあつかってるからそんなことは出来ない?そんなこと知るかそれなら寝てろ
        客商売だから在宅勤務なんか出来ない?客に感染する可能性があるのに接客してどうする
        工場での作業が仕事だから出来ない?まあそりゃしょうがないな、いい機会だから体を休めてくれ

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        いやまぁバランスだね
        極端になまけられても困るし

      • by Anonymous Coward
        > 仕事上「休みたくても休めない」という状況はあるのかもしれませんが
        この考え方ががまずいんじゃないか。

        来客がある->ミーティングを延期すればよい
        納期に遅れる->謝って遅らせればよい
        他人の仕事が止まる->止まればよい
        首になる->風邪になる前に転職すれば良い

        休んだために誰かが死ぬ訳ではないし、どうしても「休みたくても休めない」状況と言うのがあまり思い浮かばない。
        • by Anonymous Coward on 2009年05月17日 16時00分 (#1567177)

          ある科のお医者さんはそこの病院では一人しかいませんでした。
          ある日旧型インフルエンザに罹りました(もちろんワクチンうってますよ)。普通の職員なら出勤停止なのですが
          休むと病棟をみる医者がいなくなるのでマスクをして出勤して病棟回診をしていました。

          また、ある医者が日直(病院休みの日の当番)をしているとノロウィルスに感染したと思われる子供がいっぱいきました。
          その夜、その医者はひどい下痢と嘔吐におそわれ、ノロウィルスだなあ、と思いました。
          お仕事は続きました。

          もちろんどちらも実話。だからこそ、ワクチンができたら医療従事者とか社会基盤を維持する人から投与することになるのですけれど、ワクチンができるまでは、ねえ。

          >休んだために誰かが死ぬ訳ではないし、どうしても「休みたくても休めない」状況と言うのがあまり思い浮かばない。

          後学のためにあなたの業務の職種を教えていただけないでしょうか。転職したいです:-)

          親コメント
          • by masarakki (33893) on 2009年05月17日 19時12分 (#1567270)

            >ある科のお医者さんはそこの病院では一人しかいませんでした。
            まずこの状態で組織が回ってるというのが大きな間違いだよね

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              その通りです。一人しか医師を確保できない病院なんてとっとと閉鎖して住民全員が診療を受けられる機会を平等にすべきだし、「医療ミス」で患者を殺した医師を遺族様やマスゴミが糾弾している様を見ると国民もそれを望んでいるとしか思えないのですが、なぜか民意を汲んで病院を廃止しようとした銚子市長はリコールされました。

              • by Anonymous Coward on 2009年05月17日 22時00分 (#1567337)

                >とっとと閉鎖して住民全員が診療を受けられる機会を平等にすべき

                「機会を平等」ってのは、ここでは機会ゼロって意味ですね。[Y/y]

                >「医療ミス」で患者を殺した医師

                そういえば。

                ●航空機の分野では、事故をおこした企業も罰せられはしないそうですね。
                ●マイクロソフトでは、失敗プロジェクトのリーダーが即クビではなく、「失敗を経験したからこそ」次もリーダーをやらされたりするそうで。

                悪意とか、ミスの連発とか、が有るならば退場願うべきだろうけど、
                そうでないならミスに対する「反省」つまり原因の分析や防止策の考案などなどを期待するほうが効率がいい。

                #というか「反省」という言葉の意味を間違ってる人類が多すぎる。
                #ほんものの「反省」はサルには決して出来ない高度な作業です。

                >リコール

                脱線だけど小泉政治ってヤバイよね。
                今世の中がおかしなことになってる点の少なくとも1割か2割は彼が強引にやった「自由化」のせいだったりする。
                見掛け倒しのリーダーシップ(つまり強引さでしかない)が有るのを魅力だと思い込んでしまう、お気楽な人が多いようですが。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                >一人しか医師を確保できない病院なんて

                だから、医師を増やせ、という話を医者以外の人はしてるんでしょう。
                お客さんが次から次へときて、それに対処するような客商売なんだから、
                「店員がいないから店を閉めるぞ」と脅すことに意味はない。

                ちなみに、私の勤務先の研究所だったら、普段はいつでも休めますよ。
                客商売じゃないから。あなたが一生研究だけで生きていけるかは知らないけど。

              • だから、医師を増やせ、という話を医者以外の人はしてるんでしょう。

                医師も医師を増やせとずーっと言っていますよ。
                国の動きが遅すぎるので基金まで作ってしまった鹿児島県医師会は例外としても [nishinippon.co.jp]、医師を減らす方針…診療報酬引き下げから医学部の定数削減まで…への異議申し立ては、大抵の医師会でずーっとやってますよ。
                医師を減らせと本気で言ってるのは医師の育成や医療自体への支出を抑えたい厚労省の一部幹部と財務省、後は「小さな政府」=政府が医療にお金をかけないアメリカ的なモデルが万能だと思ってる一部の経済学者や政治家だけです。

                --
                --暮らしの中に修行あり。
                新しいblogはじめました。 [hateblo.jp]
                親コメント
              • 脱線へのコメントで何ですが・・・
                自由化の下りはちと違うのかも?と思ってたりします。
                役人に影響の無い範囲で自由化をしてしまったの原因かと。
                つまり、後からいくらで骨抜きに出来るので、
                最悪の状態になってしまったのかと。

                小泉の場合は結局責任をとってない事が問題なのでは無いでしょうか?
                本当の意味でのリーダーシップはではなかったと考えています。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                そもそも、魅力を全く感じられない政治家が次々と首相になってる国が異常なんですよ。

              • by Anonymous Coward
                人気投票じゃありませんよ。
              • by Anonymous Coward

                >今世の中がおかしなことになってる点の少なくとも1割か2割は彼が強引にやった「自由化」のせいだったりする。
                あなたもお気楽さんの仲間だよ。
                小泉政治の自由化の掛け声で許認可の数は「増えている」んだよ?
                それを誤魔化す為に郵政民営化なんて目立つ物をやらざるを得なかった訳だ。

            • by Anonymous Coward

              で、誤りを指摘しただけであなたの任務は終わりと。
              でも、現状が正しい間違いということとは独立して、現状において最適な解決策を探さねばならない人もいるんですよ。君から見たら「なんという無駄なことを」とあきれるかもしれないが。

          • by Anonymous Coward
            医者は今の制度じゃ無理だね。
            私はプログラマーですがエンジニアなんか数日いなくてもいいし、営業いらない、経理いらない、総務いらない、人事いらない、知財いらない・・・
            普通の会社ならどんな職種に転職してもまず大丈夫ですよ。
            • Re:水際より偏見対策 (スコア:5, すばらしい洞察)

              by okky (2487) on 2009年05月17日 16時51分 (#1567205) ホームページ 日記

              社長いらない、研究員いらない…

              しかし、秘書さんが一日休むと、実は業務があっという間に滞るのである…

              『社長よりも、専務よりも、常務よりも誰よりも、秘書さんを大切にしよう

              --
              fjの教祖様
              親コメント
              • by Ryo.F (3896) on 2009年05月17日 22時41分 (#1567362) 日記

                秘書っつーか、事務員さんですね。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                普段の業務の簡素化が大事ということですね。

              • by Anonymous Coward
                社長や研究員がいらないってのは、
                いったいどれだけ短期的な視点でしか物事を見ることが出来ないのだ?
                そういうのは卒業しなさい。

                ただ、秘書さんといいますか、事務方が大切なのはごもっともですね。
                妙な社長・研究員・技術者より、まともな事務方がいてくれたほうが
                たしかに、よほど会社が回ります。どのような周り方であれ。
              • by Anonymous Coward
                つまりプロデューサーさんより小鳥さんってことですね。
              • by okky (2487) on 2009年05月18日 0時38分 (#1567426) ホームページ 日記

                いいえ、ここは秘書さんなのです。

                a) 「あれ? xxx ってどこにあるんだろう??」
                    「ほぇ? yyy ってどうやればいいの??」
                    「ありゃ…、zzz からの書類、代わりにはんこ押して次に回しておいて」
                    という、「偉い人の代理人」であり、

                b) 「あれ? xxx ってどこにあるんだろう??」
                    「ほぇ? yyy ってどうやればいいの??」
                    「ありゃ…、zzz が帰ってきたらこの書類にはんこくださいって伝えてもらえますか」「あ、聞いてます、それ。はい」
                    と、「事務手続きの仕方をまるっきり判っていない部下」を指導する係であり、

                c) 「ほらほら、もうそろそろ30分以上くっちゃべってるわよ。そろそろ仕事に戻った戻った」
                    とサボっているとケツを叩きに来る、実質的な部門のリーダーである

                .

                アメリカでは、えらい人付きの秘書さんのほかに、各部門ごとに秘書さん(Secretary)がいます。大抵、事務所のご近所に住んでいるおばちゃんですが、それは c の効果があまりにも絶大だからです

                もし、あなたの事業所にこのような秘書さんがまだいないのであれば、是非一人雇ってみることをお勧めします。

                「まさかうちの連中がこんなに効率的に働くなんて」
                「まさかうちの上司がこんなにすばやく書類を通すようになるなんて」
                「おぉ、課長代理とか部長代理とか、いらんやんけ」
                「まて、本部長も要らないんじゃないか?」
                「そういえばさっき、社長が怒られていたな。無駄話し過ぎだって」

                --
                fjの教祖様
                親コメント
              • by ruf0us (23240) on 2009年05月18日 2時35分 (#1567458)

                いるいる。うちの Secretary は30代女性だし近所に住んでいるのかどうかは知りませんが、
                ほとんど技術者しかいないオフィスで事務処理、総務(力仕事を除く)全般を担当しています。
                ときどきオフィスの全員宛にお説教みたいなメールを出してくれます。ディレクターや副社長
                クラスの人も怒られてるようです。

                みんな「あの子に言われちゃしょうがないな」って感じで従ってます(笑)

                親コメント
              • by ncube2 (2864) on 2009年05月18日 8時24分 (#1567494)
                その人は社内で「お母さん」と呼ばれていませんか?
                親コメント
              • 社長や研究員がいらないってのは、
                いったいどれだけ短期的な視点で..

                ここでの「いらない」は、病気になったときに無理して出てくる必要は無い、
                という意味で読んであげた方が良いと思いますよ。

                まぁ、あくまで「普段からバックアップ体制と余裕のある日程を組んでいる」場合ですが。
                そうでないと「その時点の短期視点において、誰にも迷惑かけない」というのは難しいですよね。

                親コメント
              • 「まて、本部長も要らないんじゃないか?」

                確かに。真っ先に「ノウハウと知識だけをコピーしたロボット」化を推進して、
                自動化出来るところじゃないかと思ったりもします。

                #質問に対する判断と答え。
                #それからオオゴトになったときに謝りに行く機能だけでOK。
                #飲み会の財布機能も出来れば欲しい。

                親コメント
              • by Anonymous Coward
                大切にするべきだが,こういう「おばちゃん」は風邪をひかないものであった.
              • by Anonymous Coward

                あなたの様な脳の弱い研究員は、元のコメントの意味ではなく本当にいらないと思いますけど。

              • by johndoe (3028) on 2009年05月19日 0時35分 (#1568158) 日記
                けどピヨちゃんはすぐに鳥インフルエンザを発症しないか?
                親コメント
          • by Anonymous Coward
            >>休んだために誰かが死ぬ訳ではないし、どうしても「休みたくても休めない」状況と言うのがあまり思い浮かばない。

            >後学のためにあなたの業務の職種を教えていただけないでしょうか。転職したいです:-)

            職種の問題ではないのでは?
            いなくても誰も困らない。そんな人になればいいんですよ :-)
        • Re:水際より偏見対策 (スコア:4, すばらしい洞察)

          by narunaru (30931) <mikahosiNO@SPAMabox9.so-net.ne.jp> on 2009年05月17日 16時28分 (#1567191)

          そもそも一人のキーパーソンが病欠しただけで仕事が滞るような組織は、組織として問題があると思う。「自分が休んだら仕事が・・・」というのは組織としてものすごく恥ずかしい発言だと認識を持ったほうがよい。「ちょっとしたトラブルで業務継続不可能になって倒産する会社です」と言っているようなものだ。

          親コメント
          • そうそう
            リスクヘッジは大切!
            ま、サーバの文書見れば問題ないのでは?

            親コメント
          • by Anonymous Coward on 2009年05月17日 19時11分 (#1567268)

            >組織として問題

            おっと、日本全体の悪口はそこまでだ。

            不景気で人余りと言ってるわりには
            医療も保育所もプログラマも…いろんなところで「換えの人材がいない」と嘆いている。

            要するに国全体がうまく回らなくなってるってことじゃないかorz

            #少子化を強引に解決しても、「使えない人材」が大量発生するだけだと、かえって国力衰退だぞ。
            #少なくとも日本みたいに高級路線で食ってこうとしてる国なら、人力の薄利多売は無理なんだし。
            #だから人数増やすなら、教育とかの充実が大前提だ。

            親コメント
          • by Anonymous Coward on 2009年05月17日 20時25分 (#1567292)

            おきらくサラリーマンの私からすれば、
            「自分が休んだら仕事が…」と言って頑張っちゃう方々も、
            自分の組織の問題が暴露されることを恥ずかしいと思っちゃう貴方も、
            どちらもはるか遠い存在です。

            「うちのマヌケな組織、自分が休むと仕事が止まるんだよね。
             でも当然休むけどさ。もちろん携帯なんて切っておくよ。
             休み明けに何か言われたら電波状況が悪かったって言えばOK!」

            と公言できるのが正しい仕事との付き合い方だと思いますよ。

            親コメント
          • 従業員が5人未満の会社なんて、どこでもそんなものじゃないでしょうか?
            従業員が100人とか1,000人とかの会社で滞ってたら恥ずかしいかもしれませんが。

            --
            ☆大きい羊は美しい☆
            親コメント
          • by Anonymous Coward
            そこに言及するならば、
            その(リスクをカバーする)マージンを確保すること自体を、
            株主や顧客が、あるいは市民が許す社会になっているか?
            をそもそも議論しなければならないのではないでしょうか。

            必要なコストをも削ることを求めているのは、個々の組織や経営者だけではなく
            社会全体の総意でもあるのではないでしょうか。
            無駄を省くとか効率化と言う大義名分のために、必要最低限の安全マージンをも
            削ることを求めているのは一体誰なのか?を考える必要があるようにも感じます。

            消費者はそのコストを負担する意志を持っているでしょうか。
            国民一人ひとりはそのコストを税として負担する意志をもっているでしょうか。

            安全はタダだと思っている日本人は、未だに多いような気がします。
          • by Anonymous Coward

            「そもそも」大好きな方に送る
            http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001362 [yahoo.co.jp]

            • by Anonymous Coward

              「そもそも」を連発されるのは目的意識が相手と共有できてないからと書かれているようだが、それがどうかしたか?

          • by Anonymous Coward
            そんな組織は無駄が多い。この時代にそんなこと言ってるのはよっぽど鈍重な大会社かお役所ぐらい。
            第一、キーパーソンが居なくても仕事が全く滞らないなら、キーパーソンという言葉自体存在しないはず。
          • by Anonymous Coward

            >そもそも一人のキーパーソンが病欠しただけで仕事が滞るような組織は、組織として問題があると思う

            その通りですが、しかし、それはまた地方の多くの病院の実態でもありますな。
            そしてそのように制度を設計して来たのは末端の医療機関ではなく国ですので、ここは上部組織である政府と
            世間の認識が変わらないとどうしようもありません。

        • by i_i (22332) on 2009年05月17日 23時26分 (#1567386) 日記

          休んだために誰かが死ぬ訳ではないし、

          それ、「今回のは蔓延したってどうせほとんど死なないんだろ?特に日本じゃ」と返されるおそれが…

          親コメント
      • by Anonymous Coward

        インフルエンザの疑いのある症状の人を
        平気で出社させておく会社って、本当にあるのか?
        今日人手がひとり足りなくなるのと
        明日人手が5人足りなくなるのとどちらが損か、
        そんなことも分からないような会社に出会ったことはこれまでないぞ。
        「またサボりじゃねーの?」とか言われてしまう人は
        日頃の行いの問題であって病気とは別問題。

        #話が極端過ぎてうさんくささを感じてしまった。

        • まぁ、河岸が違うのかも知れませんがそう、世の中「甘い」所ばかりじゃないです。
          目先の利益しか考えない上に何でも精神論・根性主義で労働者を振り回す経営者というのは非常に多いですから。

          # 以下、後先考えない会社に正社員でいた人の愚痴ですが…

          私はこの十五年前後で十ヶ所前後、開発の会社/現場を変わってきましたが、風邪で休んだのを詰らないと言うか、後々考えて判断する休み方を恥としないのは二つくらいでしたよ。
          全体のスケジュールが守れないという理由で一日休んだら速攻で下ろされた(契約破棄まではいかなかったので更新拒否ですが)現場すらある。

          一人休んだ場合の損金云々まで説教する会社とか正社員で入っていたらあったし、その会社で風邪で無理して出社したら熱出てぶっ倒れそうになって、現場のトップが医者に行ったら戻ってこいと言うので戻ったら、更に仕事を十時まで。と言う体質でしたが。
          翌日38℃越えたので流石に通勤出来ない…と電話入れたら出てこいと(以下ループ)

          若かったのでその会社の仕事での風邪の無理自体はそんなに後引かなかったのですが、辞めさせられた後で何もできないくらいに心身ともにボロボロなったし、
          その後も「風邪でも這って出ないといけない」って強迫観念植え付けられて別の現場で折角一本ピンで仕事任せられた時に(無理しなくてもよかった現場で)無理して一ヶ月近く熱で仕事が全く進まず・最後は流感性肺炎でぶっ倒れて仕事はなんとかあげたものの、後遺症で半年以上通院で頻繁に仕事休むハメになって(そもそも咳が止まらなかったし)いられなくなって現場降りました(T_T)折角買っていてくれたのに前にいた会社の亡霊によってつぶれた訳で…上に書いた「詰らない会社」の一つであったのですが。

          まぁ、そういう事もあると言うことで、参考までに。

          --
          --暮らしの中に修行あり。
          新しいblogはじめました。 [hateblo.jp]
          親コメント
          • これも実話なんだが、ちゃんと風邪の休業を、
            嫌な顔はしているが、認めてくれている会社(上司なのかも知れないが)も
            存在する。

            まあ、そういう意味では、
            それこそ、「会社の品格」(って本があったような...)があるかどうかのような気がしますよ。

            # 傾向としては、中規模安定的な企業が多いように思う。
            # デマルコの「ピープルウェア」を思い出した。
            --
            # 無知の知 (主張のみでは、対象を決定できない。) ATLANTiS.
            親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...