パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

新型インフルエンザ、国内初のヒト—ヒト2次感染を確認」記事へのコメント

  • これからは偏見 [cocolog-nifty.com]対策が重要です。自宅待機してくれる人たちは、疾患の伝播を断つ楯として挺身して呉れているのです。それをお前のせいで、とか、仕事や勉強・部活をしないと後ろ指を指してはいけません。「学校は,インフルエンザ(H5N1)に関する適切な知識をもとに,児童生徒等に対し,発達段階に応じた指導を行うことなどを通じ,インフルエンザ(H5N1)を理由とした偏見が生じないようにすること。(18文科ス第115号 [mext.go.jp])」の趣旨は3年の月日でさて浸透したでしょうか?
    自宅待機中のストレスやその人たちと向き合う役割の人たちの負担については様々なものがあります[NZ保健省のMSワード書類 [moh.govt.nz]]
    一方で、管理職の意識の向上が尚更必要になります。新型ではないようですが、九重部屋で夏場所前に沢山の流感 [sponichi.co.jp]が出て、しかし親方は稽古を強い [yomiuri.co.jp]まし
    • Re: (スコア:5, すばらしい洞察)

      まず、皆勤賞という習慣を撤廃しましょう。病気をおしてよく頑張ったということを褒めたたえる風習を排し、病者を労る文化にならないと、社会が護れません。

      同感です。付け加えるなら、病人自身も、「病気なのに頑張ってる自分は偉い」「自分がやらなきゃ誰がやる」などという思いこみを捨て、病気になったら素直に休暇を取るよう、意識改革をしなければいけないでしょうね。もちろん、仕事上「休みたくても休めない」という状況はあるのかもしれませんが、咳などで病原菌をまき散らしながら出社してくる人を見ると、他人の迷惑を少しは考えろと言いたくなります。

      • by Anonymous Coward
        > 仕事上「休みたくても休めない」という状況はあるのかもしれませんが
        この考え方ががまずいんじゃないか。

        来客がある->ミーティングを延期すればよい
        納期に遅れる->謝って遅らせればよい
        他人の仕事が止まる->止まればよい
        首になる->風邪になる前に転職すれば良い

        休んだために誰かが死ぬ訳ではないし、どうしても「休みたくても休めない」状況と言うのがあまり思い浮かばない。
        • Re:水際より偏見対策 (スコア:4, すばらしい洞察)

          by narunaru (30931) <mikahosiNO@SPAMabox9.so-net.ne.jp> on 2009年05月17日 16時28分 (#1567191)

          そもそも一人のキーパーソンが病欠しただけで仕事が滞るような組織は、組織として問題があると思う。「自分が休んだら仕事が・・・」というのは組織としてものすごく恥ずかしい発言だと認識を持ったほうがよい。「ちょっとしたトラブルで業務継続不可能になって倒産する会社です」と言っているようなものだ。

          親コメント
          • そうそう
            リスクヘッジは大切!
            ま、サーバの文書見れば問題ないのでは?

            親コメント
          • by Anonymous Coward on 2009年05月17日 19時11分 (#1567268)

            >組織として問題

            おっと、日本全体の悪口はそこまでだ。

            不景気で人余りと言ってるわりには
            医療も保育所もプログラマも…いろんなところで「換えの人材がいない」と嘆いている。

            要するに国全体がうまく回らなくなってるってことじゃないかorz

            #少子化を強引に解決しても、「使えない人材」が大量発生するだけだと、かえって国力衰退だぞ。
            #少なくとも日本みたいに高級路線で食ってこうとしてる国なら、人力の薄利多売は無理なんだし。
            #だから人数増やすなら、教育とかの充実が大前提だ。

            親コメント
          • by Anonymous Coward on 2009年05月17日 20時25分 (#1567292)

            おきらくサラリーマンの私からすれば、
            「自分が休んだら仕事が…」と言って頑張っちゃう方々も、
            自分の組織の問題が暴露されることを恥ずかしいと思っちゃう貴方も、
            どちらもはるか遠い存在です。

            「うちのマヌケな組織、自分が休むと仕事が止まるんだよね。
             でも当然休むけどさ。もちろん携帯なんて切っておくよ。
             休み明けに何か言われたら電波状況が悪かったって言えばOK!」

            と公言できるのが正しい仕事との付き合い方だと思いますよ。

            親コメント
          • 従業員が5人未満の会社なんて、どこでもそんなものじゃないでしょうか?
            従業員が100人とか1,000人とかの会社で滞ってたら恥ずかしいかもしれませんが。

            --
            ☆大きい羊は美しい☆
            親コメント
          • by Anonymous Coward
            そこに言及するならば、
            その(リスクをカバーする)マージンを確保すること自体を、
            株主や顧客が、あるいは市民が許す社会になっているか?
            をそもそも議論しなければならないのではないでしょうか。

            必要なコストをも削ることを求めているのは、個々の組織や経営者だけではなく
            社会全体の総意でもあるのではないでしょうか。
            無駄を省くとか効率化と言う大義名分のために、必要最低限の安全マージンをも
            削ることを求めているのは一体誰なのか?を考える必要があるようにも感じます。

            消費者はそのコストを負担する意志を持っているでしょうか。
            国民一人ひとりはそのコストを税として負担する意志をもっているでしょうか。

            安全はタダだと思っている日本人は、未だに多いような気がします。
          • by Anonymous Coward

            「そもそも」大好きな方に送る
            http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/tech/docs/ct_s03600.jsp?p=001362 [yahoo.co.jp]

            • by Anonymous Coward

              「そもそも」を連発されるのは目的意識が相手と共有できてないからと書かれているようだが、それがどうかしたか?

          • by Anonymous Coward
            そんな組織は無駄が多い。この時代にそんなこと言ってるのはよっぽど鈍重な大会社かお役所ぐらい。
            第一、キーパーソンが居なくても仕事が全く滞らないなら、キーパーソンという言葉自体存在しないはず。
          • by Anonymous Coward

            >そもそも一人のキーパーソンが病欠しただけで仕事が滞るような組織は、組織として問題があると思う

            その通りですが、しかし、それはまた地方の多くの病院の実態でもありますな。
            そしてそのように制度を設計して来たのは末端の医療機関ではなく国ですので、ここは上部組織である政府と
            世間の認識が変わらないとどうしようもありません。

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...