パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

新型インフルエンザ、国内初のヒト—ヒト2次感染を確認」記事へのコメント

  • WHOによると水際対策は効果なし [afpbb.com]だそうです。
    日本の首相は効果を上げている [asahi.com]と思っているそうです。

    日本人にありがちな「風邪ぐらいで会社を休めないのでマスクをして行く」という考えを改める必要がありますね。

    • Re: (スコア:3, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward

      専門家の見解としては

      • WHOの見解は諸国の個別事情については考慮されていない。日本の以下のような特殊事情などは考慮されていない。
        • 港湾・空港を押さえれば、ほとんどの合法的な人間の出入りを規制できる
        • 陸路による国境がない
        • 設備・人員共にある程度そろっている
        • 人権意識の強さから少なくとも国家のレベルで重大な人権侵害が発生するする可能性が非常に低い(特定国の旅行者を医医学的根拠なく強制的に拘束するなど)
      • 現時点で水際対策以外のまともな対策方法がない。
      • SARSの時などに一定の効果を上げた実績がある
      • 流行を遅らせる効果は確認されている。(毒性が強くない等々の情報が出
      • by Anonymous Coward on 2009年05月17日 21時45分 (#1567329)

        日本人の空港利用人数を把握していますか?
        検疫をしている人たちの多くが「地域の感染症対策」から引き抜かれている事は理解していますか?
        SARSの時は「中国」で、今回は「米国」ですが、違いがわかりますか?

        「水際対策」についての理解が間違っているなら、有効性は発揮されません。
        「マスク」では、「潜伏期」と「ウイルス排出期間」と「飛沫感染」の理解が必要です。
        初期段階の対応ではなく、「状況に即した適切な対応」が出来ていない事は、
        4月末の段階で指摘されていたのですが(WHOの会議のあたりに)、ご存じないようですね。

        > 正直批判したいだけの馬鹿は邪魔なので消えてくれませんかね。

        そっくりそのまま、お返しします。
        緊急時の対応の優先順位の判断が出来ないと、「地域社会」というシステムが
        停止してしまうのです。地域で仕事をしていない人間の戯れ言はじゃまです。

        親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...