パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

SymantecとMcAfeeのサブスクリプション自動更新問題、罰金でNY州と和解」記事へのコメント

  • by prankster (12979) on 2009年06月12日 15時15分 (#1585349)
    長年NortonUtiltiesを使っており更新も続けていましたが、ある時の更新からWindows2000でPCの動作が非常に遅くなる現象につきあたり使用をあきらめました。(ウイルス対策はVirusBasterに乗り換え。)ちなみに料金はクレジットカードで支払っていたので向こうにはカード番号が記録されています。

    忘れたころに突然電子メールで「ウイルス定義ファイル更新の料金引き落としのお知らせ」が来ました。クレジットカードで決済するのでカードが変わっていないか確認してほしいとの話。更新を頼んだ覚えはないのであわてて返信すると、「前回の更新時に自動更新の手続きをした」との回答が来ました。そんな手続きをした記憶はありません。

    そこで、すでにアンインストールしており使用していないこと、更新の意思はないこと、を伝えると「今回に限り手続きを撤回します」と回答があり、クレジットカードからの引き落としはありませんでした。

    これ、今から考えると「ユーザーの同意なしに、勝手に有償のウイルス定義ファイルの更新サービス提供期間を更新して代金を請求していた問題」みたいな気がします。同様の経験をした方おられますでしょうか?
    • by Anonymous Coward on 2009年06月12日 15時46分 (#1585367)

      うん、あるよ。。。海外のエロサイトでね。。。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        つまり、SymantecとMcAfeeはエロサイトと同類ってことでOK?

        • by Anonymous Coward
          おk
        • by Anonymous Coward
          なんでこのコメントのすば洞を取り消したの?
    • by Dobon (7495) on 2009年06月13日 2時25分 (#1585582) 日記
      Norton Internet Security 更新サービス延長を行った際、
      「【SymantecStore】 製品ご購入内容のご連絡」というタイトルのメールで、
      問題のサービスの説明が行われていました。

      支払い、商品の配送に続いてノートン・オンゴーイングプロテクションの説明がありました。
      常識的な配置ですし、このサービスの停止方法も記載されていました。
      おそらく、同じ内容を書留で送付していれば問題にならなかったでしょう。

      # このメールは、事実上の納品書兼請求書ですので、
      # これに目を通さない人は取引に対する姿勢に少々問題があると思います。
      --
      notice : I ignore an anonymous contribution.
      親コメント
      • 私も先ほど更新手続を行い(クレカ払い)、
        メールを確認した所ちゃんと停止方法の記述がありました。
        それに従い停止作業も特に問題なく終わっております。

        以前がどうだったかは知りませんが(初めてのネット更新なので)、
        少なくとも「事実関係を理解している人が停止をしようと思った場合」は問題ないですね。

        ただし、サービス更新時にユーザの目の留まる場所に記述が全く出てこないですし、
        (多分EULAの奥深くにあって全て見ても理解できないような内容なのでしょうけど)
        チェックボックスすらない絶対強制加入と言う状況は何も変わってないので、
        アクドイことには変わらないですけどね。

        #停止作業がメールに書いてあるって言っても、
        #加入した意識がなければ停止する必要があるとも思わないので。

        親コメント
    • NortonではなくMcAfeeですが、同じような経験をしました。

      最初は店頭でパッケージ売りの製品を買ってきたのが始まりです。
      その後、ソースネクストでの取扱を終了したため、定義ファイル更新期限が切れるころに
      McAfee自身が自社の直販サイトでの更新の購入を案内してきて、そちらで更新しました。
      (実際には、更新ではなく、同等製品の1年分使用権の購入だったのですが)
      このときに、クレジットカードで決済をしましたので、カード番号などは相手が押さえて
      いたのだと思います。

      そして、有効期限が切れる前になって、そのまま継続するか考えていたら、そのまま継続
      するより、一回契約を終了してから同じ製品の使用権を買い直したほうが安いことに気が
      つき、期限が切れたら手続きしようと思っていた矢先に、McAfeeから「Always onにより、
      自動契約更新を行い、クレジットカードに請求いたしました」というメールがやって
      きました。

      なんじゃこりゃ?と思って調べてみると、どうも「契約し忘れで、ウィルスなどの脅威に
      対処できなくなるのを防ぐために自動更新契約になっている」などということがわかり
      ました。「まったくお節介な!」と思い、すぐにカスタマーサポートに連絡をいれ、
      「更新するより新規で買ったほうが安いからそうするので、キャンセルしてくれ」と
      言うと、最初は理解してもらえず、「更新のほうがお安いです」と言う始末。
      結局メールでやり取りして理解してもらい、更新キャンセルして買い直すことにしま
      したが、あまりに不快だったので、クレジットカードを解約する予定のものにして、
      次回は勝手に引き落とされないように手を打ちました。
      その後、PCを入れ替えた際に、他社ソフトに乗り換えてしまったので今でもあるかは
      知りません。

      自動契約更新もそうですが、もう一つの問題は更新費用がいくらなのか明示していない
      セキュリティソフトが多いことです。店頭やパッケージに説明してあるソフトはほとんど
      ないように思いますし、量販店などに派遣されている販売説明員に聞いても、はっきりと
      金額を答えられた人は一人もいませんでした(Norton,McAfee,Kaspelky)。
      唯一ウィルスバスターだけが、「更新パッケージ」を店頭販売しているので、わかりやすい
      と感じます。(そいうやソースネクストのゼロも明示してましたね・・・0円だって)

      親コメント
      • 私も、去年McAfeeでやられました。
        PCの台数が減ったので更新するつもりが無かったライセンスが、
        いつの間にか更新されていてクレカの明細で知った次第です。
        非常に腹立たしかったので、今年でMcAfeeの全ライセンスを打ち切るつもりです。
        WHSに対応する気も無く、
        最近は定義更新処理をタスクトレイに明示するときとしないときがあって不審なので。

        親コメント
        • by Anonymous Coward
          ウチは、マカフィーを2005年から利用していますが、2006年、2007年、2008年と「契約が切れる60日前に」必ず<sub scriptions@mc afee.com>からメールが来て「期限の30日前までに解除手続きをとらないと自動延長するよ」と通知してきていますが。
          ただそのメールがスパムフィルタではじかれただけじゃないですか?
    • 私は被ったことありませんが、よくアメリカ在住の主婦で話題になりますね。

      テレビショッピングで何かを購入すると、
      Refillという名目で勝手に同じ商品が3ヵ月後くらいに送りつけられて
      代金が請求される、と。

      テレビショッピング@米国伝統ビジネススタイルを
      そのままSymantecやMaAfeeが使った形に見えます。やだやだ。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2009年06月12日 17時08分 (#1585405)
      Norton Internet Security 2009 がリリースされる前後でしょうか、2chのセキュリティ板あたりで「勝手に更新料がカードで引き落とされた!Nortonは詐欺だ!」みたいなスレが立っていたことは覚えてます。何故かそのスレでは「○○(某社のアンチウィルスソフト)の方が優れているふじこふじこ」みたいなレスが散見されていたのが印象深いです。ネガキャンに乗じた宣伝なのか、ネガキャン+ネガキャン(○○すらも貶める)なのかは知りませんが。

      更新一ヶ月前に届けられるはずのEメールが届かず(送られず?)に勝手にカードから引き起こされたことをユーザーが怒り心頭でスレ立てしたみたいです。

      セキュリティ的な考えだと「より安全な方」に倒れる方が望ましいと思うので「更新手続きを忘れても大丈夫なように自動更新にした(≒なにもしなくても継続して最新版の定義ファイルを使える)」というのは解らなくもないのですが、「金銭面的に安全な方に倒れる(なにもしなかったら勝手に請求されない)」という事と相反するのがネックなのですかね。

      個人的にはNorton Internet Security は 2008 あたりから軽く、2009で更に軽くなっているので他のソフトに乗り換える予定は無く、自動更新は助かってはいますがね。
      親コメント
      • by Anonymous Coward on 2009年06月12日 18時15分 (#1585452)

        >何故かそのスレでは「○○(某社のアンチウィルスソフト)の方が優れているふじこふじこ」
        >みたいなレスが散見されていたのが印象深いです。ネガキャンに乗じた宣伝なのか、
        >ネガキャン+ネガキャン(○○すらも貶める)なのかは知りませんが。

        なるほど。スラドによくいる、
        Perlのことを聞いてるのにRubyを薦める奴や、
        Operaの話をしているのにFirefoxを賞賛し始める奴や、
        Windowsの話題でいちいちMacやLinuxを引き合いに出す奴も、
        どいつもこいつもみんな(ry

        うん、すべて気のせいって奴だ

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      「ノートン・オンゴーイングプロテクション」でググると、サギだのなんだのと悪評がバリバリです。

      シマンテックのオンライン販売で購入すると、以前はこれが強制的に入っていてクレジットカード購入なので、翌年自動更新されまして、その辺でゴーインだと苦情たらたら。

      さらにテクニカルサポートに連絡してもわからず、セールスサポートに連絡しないと解約できない、シマンテックのコンシューマーサポートが中国なので言葉が判りにくいんですよね。

      オンライン販売の場合、ソフトウェアダウンロードの一年間保証が別料金で、これを入れると店頭のパッケージ番よりも高くなる始末。これも体験版をダウンロードしてアクティベーションコードを入れれば問題ないのでやはり不満のタネでした。

      #現在は選択性になっていると日本のコンシューマーシニアマネージャーの人に聞いていますが、確認はしていません。

      • オンライン販売の場合、ソフトウェアダウンロードの一年間保証が別料金で、これを入れると店頭のパッケージ番よりも高くなる始末。

        ありましたありました、そんなの。

        『体験版入れてアクティベート』の手法は知りませんでしたが、個人的には「ダウンロードしたものをCD-Rに焼いておきゃよかろ」と思うので、そのダウンロード保証については「誰がこんなの契約すんだよwww」と思ってました。箱を買っててもメディア無くせば同じだし。

        親コメント
        • by Anonymous Coward on 2009年06月12日 23時05分 (#1585530)

          個人的には「ダウンロードしたものをCD-Rに焼いておきゃよかろ」と思うので、そのダウンロード保証については「誰がこんなの契約すんだよwww」と思ってました。

          ところがどっこい。あれはダウンロードインストーラーなので、期限が過ぎるとダウンローダーが無効になると言う酷い代物でした。
          あれを「同一バージョンのダウンロード保証」ときちんと説明しておけば全く問題ないのですが。

          親コメント
          • 普通の人は確かにそのトラップにひっかかりそうですね。
            私の場合は%TEMP%あたりにダウンロードされたインストーラーを別個に取ってあります。

            サイトから最初にダウンロードしたファイル名は「setup.exe」で、そのsetup.exeを起動してダウンロードされたファイル名が「NIS09JP.exe」だったかと。ファイルサイズ見ても一目瞭然です。

            抜かりは無いです(多分)

            親コメント
            • トラブルなどでOSから入れ直す場合は「お試し版」の方が少し楽だったりします。
              (お試し版は半年に1回くらいの割合で更新されるので、アップデートモジュールのダウンロード時間が短くなります。)

              ADSL回線の場合、かなり楽になります。
              --
              notice : I ignore an anonymous contribution.
              親コメント
            • by Anonymous Coward

              重箱の隅をつついて申し訳ないのですが、
              > 「%TEMP%」あたりにダウンロードされたインストーラーを別個に「取ってあります」
              って、ちょっと矛盾を感じます。
              うちの母の名言の一つ、
              「ああ、その写真はゴミ箱に置いてあるよ」
              を思い出しました。

              • by Anonymous Coward

                %TEMP%に取ってある、でなく%TEMP%にダウンロードインストーラがダウンロードしたファイルを別に取ってある、だと思いますが。

    • by Anonymous Coward

      私はノートン・オンゴーイングプロテクションで自動引き落としされたことがあります。
      私のところにも「【SymantecStore】自動延長のご案内」が引き落としされる1か月前くらいに来ていましたが、
      その時にはもうノートン製品は使っておらず、シマンテックからのメールも広告ばっかりだったのでろくにタイトルも読まずに既読にしていて気づきませんでした。
      そしてその後「【SymantecStore】自動延長完了のご案内」のメールがきてようやく気付きました。

      同じ境遇にあっている人がいるかと思って検索したのですが、まだこの仕組みができたばっかりの頃だったため情報は少なく、
      あってもシマンテックに連絡してキャンセルを申し込んだけれどもキャンセルには応じられないの一点張りでダメだったという情報ばかり。

      シマンテックストアで製品を購入した際にノートン・オンゴーイングプロテクションに同意したということらしいのですがそんな覚えもなく、
      引き落としの確認がメールのみという部分でも問題がある仕組みだなぁとずっと思っていました。

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...