パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

もし大地震が発生したら」記事へのコメント

  • by sham (4555) on 2002年09月03日 9時13分 (#158772)
    動物的勘で、地震の発生前に逃げますんで。
    • 僕の場合、同じく動物的勘で地震の直前に目が覚めたりします。
      (単にP波に対する感度が高いだけかも知れませんが)

      でも、そこからどうしようもないんです。震度2~3程度でも手から
      血の気が引いてしまいます。しばらく動けません。

      別に振動に弱いわけではないんですよね。車や電車に乗っていても
      平気ですし。あ、でも、起震車とかに載せられたら倒れるかも(^_^;)。

      そんなわけで「も、もう、だめだ。」(;_;)。
      親コメント
      • 比較的震源が近く(県内レベル)で、 ある程度の大きさ(震度3とかその辺り)の場合、 全身がざわついて、 直前(地震波到達の十数秒~十数分くらい前)に判る事があります。

        静電気を起こした下敷きかなんかを近付けて産毛を動かした感覚に近い(ただし体表だけでなくて、 身体の中まで入ってくる感じ)ので、 圧電現象による電場変化かなんかを観てるのかなぁ、 なんて推測してますが。

        同じ体質の方、 いらっしゃいます?

        # 『持ち上げる』に投票――でもこの筐体、中身抜きでも 10kg 超なんだけど。

        親コメント
        • > 同じ体質の方、いらっしゃいます?

          は~い。(^^)/
          阪神大震災の時は4時間前に飛び起きましたぁ。
          親コメント
          • あ、 『動物的勘』≡『ざわつく感覚』でしたか。

            四時間も前にあれが起こり得るというのは朗報かも。 大抵は十数秒前にならないと感じなくて、 本当に大きな地震が来た時には役に立たないなぁと思ってましたから。 せいぜい『直前予知』してみせてその場に居た人を驚かせる程度で。

            この時間間隔は地震の規模に相関があるのかな? 電場の変化を観ているって推測が当たってるなら、 地震発生の前から岩盤に応力が掛かり始めるから――とか。 だとしたら大きな地震ほど逃げる余裕が出来て嬉しいんですけど。

            親コメント
          • >は~い。(^^)/
            >阪神大震災の時は4時間前に飛び起きましたぁ。

            同じく阪神大震災の話ですが、その夜はコタツで寝ちゃったんですよ。
            でもなぜか深夜に目がさめて、布団で寝なおしました。
            地震が起きるとコタツのちょうど寝ていたあたりに本棚が倒れていました。
            あのまま寝ていたら死にはしなくても確実に怪我をしていただろうなと。

            でも日頃から勘は鈍い方で、そのときも特に意識していたわけでなく
            「ちゃんと布団で寝よう」と思っただけなんですが。
            --
            うじゃうじゃ
            親コメント
        • > 同じ体質の方、 いらっしゃいます?

          はーい。いっぴょ。
          でも感度がそんなによろしくなくて、阪神大震災の際に目が覚めたのは、5分前でした。
          そのころは京都に下宿していたんですが、それでも結構揺れましたね。
          近所の路地の電柱がのきなみあらぬ方向を向いて傾いでいたし。
          下宿での被害といえば、本棚の上に配置していたサラウンドスピーカーが1個ぶち落ちただけでした。
          それでも揺すった直後は体のふるえがとまらなくてこたつに潜り込んでガタガタ震いながら速攻で親許に電話したなあ。「とりあえず無事だよ」って。
          あと少し遅かったら電話使えなくなってた。そのころはまだ携帯電話も(学生が持つには)贅沢な代物だったし。
          親コメント
    • 「冷静に行動しようと思う」のは簡単だが、実際に「冷静に行動できたか」は、事が終わってから初めて分かることだと思います。 「ノートを持ち出す」に投票したものの、実際はどうなることやら・・・
      親コメント

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...