パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

特許って世のためになってる ?」記事へのコメント

  • 特許制度の成り立ちについてはいくつかの見方があるようですが、近代的な特許制度のそもそもの目的は発明者の権利保護ではありません。歴史上、製法を秘密にされたことで失われり、再発見・発明までに長い年月を要した知識が多々あるわけで、そういったものへの反省の上に特許制度があるわけです。逆に言えば、簡単に再発見できるようなもの、再発見する価値のないものは、そもそも保護の対象にする必要すらない。

    現行の特許制度は、本来の趣旨にかえって反した運用になってしまっている点は多くの人が気づいていますが、なかなかこれを変えようという動きは起こらない。(中にいる人は抜本的なアクションがとりづらい)

    いきなり特許制度をなくすということは不可能にしろ、特許制度の問題を再考させるきっかけという点では、海賊党が議席を獲得したのは素晴らしいことです。実際にこうした政治的行動を起こせる人がいるところが、欧州の良いところの一つでしょう。

    # 日本だとなかなか…ね。

    • by Anonymous Coward

      現状の特許制度で個人的に不満に感じるのは、元特許とは独立に同じものを開発しても回避できないことですね。
      誰かが独自に同じものを発明できるのならば、それは保護するに値しないことの証左に他ならないと思うのですが……。
      パクリかそうでないかの判定は難しいですから、簡単に片付けられないものだとは思いますけど。

      # 以前、同僚が頑張って作っていたソフトが、商品化直前に特許侵害(存在自体を知りませんでした)を指摘され、権利者と折り合いが付かずにポシャったことがあり、実に気の毒でした。

      • 自分が考案した技術について、先に特許があるかどうか調べようとして実質無理ってのが問題では? 高い金を払って専門家に調べてもらっても探し漏れが無い保証はないし。

        とくに、ソフトウェア特許だと「自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のもの」と定義されていながら、本当に高度なものだけ特許になってるかと言うと審査がザルだし、無効訴訟は金がかかりすぎて中小企業では手が出ない、という印象があります。

        親コメント

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...