パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

事業仕分け開始、科学技術予算は生き残れるか?」記事へのコメント

  • 選択と集中は大事。何でもかんでも分野を問わずに分散投資したり、研究成果から利益を生み出したりすることを考えていないなら、予算を止められて当然だろう。そんなことはどこの企業だって同じことだ。「基礎研究に重きを置き学術分野で世界をリードする。」とか「素材分野の新技術開発で世界をリードする」とか、何らかの戦略を決めた上で集中投資するのが当然だろう。

    • 「選択と集中」や「企業では当然」と安易に言うのは,思慮不足です。
      仕組みとしては同じですが,問題の次元が違いすぎることを無視しています。
      (企業や某知事と同じで,うまく広報すれば誤魔化せるかもしれませんが)

      最適化問題を解くつもりになって考えれば,評価関数の構造が難解な上に,
      そもそも評価結果をスカラー値にすることが適切なのかもわかりません。

      更に言えば,仮に評価関数が簡単だったとしても,1時間程度の議論では,
      例えば,GAにおける安易なランダム選択を小さい規模で行っているようなもので,
      本来であれば最終的に一定の最適解を生成するのに必要な個体(事業)が
      どんどん消えていくことが予見されます。

      親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...