パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

学研の「科学」と「学習」が休刊へ」記事へのコメント

  • 来年に小学生になる子がいるので、科学を取るのを楽しみにしてました。

    自分も小さい頃おばちゃんから買っていて理系に進んでしまったタイプです。

    学研の科学と「ひみつシリーズ」が自分を作ったと思っています。

    付録は日光写真が最高!(昭和40年代生まれ)
    • Re:ショック (スコア:3, 興味深い)

      by jtakao (16864) on 2009年12月03日 21時34分 (#1683087)

      付録での「日光写真」って言う名称は、小学館の「小学○年生」の付録によくあったモノではないでしょうか?
      印画紙の上にフィルム(と言ってもトレーシングペーパーのような紙にマンガとかが印刷されたもの)を重ねて、日光に数分間当てると印画紙に写るというもの。

      学研の科学のふろくのカメラはレンズを使ってきちんと風景を「撮影」できるカメラでした。撮影した印画紙も暗室で現像する必要がある結構本格的なものだった記憶があります。
      学習机の周りに画板とか並べて遮光し、机の下を暗室にして現像しました。撮影した風景が出て来た時はうれしかったですねぇ…。

      私も昭和40年生まれです。これ [gakken.co.jp]の1977年の赤いカメラでした。

      親コメント
      • by PRAXI (35385) on 2009年12月03日 22時10分 (#1683116)
        うんうん こういうピンホールカメラで現像ってのもあったけど。たしか日光写真もありましたよー。(…自信無くなってきた)

        って話で盛り上がれそうですね。

        明日あたり飲みに行きませんか?
        親コメント
        • by ayasama (17717) on 2009年12月04日 0時00分 (#1683212) 日記

          うん、日光写真もあった。家の玄関前で日光当ててしばらくボケーッとしてたの覚えてます。

          下に書いてる人もいるけど、ラジオ(ピラミッド形だったかな)とかも思い出深いです。
          電池も使わずになんで聞けるのか理解できないままでした。

          あとは、タイヤが磁石になっててスチールの本棚とかでも登っていける車とか。
          アリの飼育/観察セットとか。
          手回し発電機とか。(もしかしたら科学の付録じゃなかったかも)
          望遠鏡とかもあったような気がしないでもない。

          あの当時の自分にとっての(ドラえもんの道具的な)秘密兵器でしたね。

          親コメント
          • by naruenosekai (13637) on 2009年12月04日 12時38分 (#1683444)
            いいなあ、日光写真はうまく写らず、ビラミッドラジオは音が鳴らなかったという記憶が...

            アリの飼育・観察セットはやりましたねぇ。
            あと立体顕微鏡とかかぶとがにの飼育セットとか

            どこかの書店が小学校に売りに来てましたね。
            小遣いで買っていたので、たまにしか買えませんでしたが、
            お金を取りに家と学校を往復しましたよ。
            親コメント
        • by renja (12958) on 2009年12月04日 0時13分 (#1683223) 日記

          たしか、ピンホールカメラで撮った写真の焼き増し方法が、
          感光面を内側になるよう現像済み写真と未使用の印画紙を重ねて、
          現像済みの写真を通して印画紙を日光に当てることでしたね。
          そうやって白黒反転した写真を作って、それにまた別の印画紙を重ねて通常の写真になる。

          ゾイドの写真を撮って焼き増しして友人に配ったりするのが流行りました。

          --

          ψアレゲな事を真面目にやることこそアレゲだと思う。
          親コメント
          • by Anonymous Coward

            時代によってバリエーションがあったようですが、基本的にはネガからの密着プリントですよ。
            レンズまたはピンホールのカメラを用いて撮影した印画紙を現像すると白黒が反転したネガになり、
            そのネガに新しい印画紙を密着させ、ホルダーに入れて露光、それを現像してやっとポジが得られました。

            原理的には仰るように、ポジから再びネガを作ればプリントtoプリントもできるはずですね。
            当時は印画紙がもったいなくてなかなか撮影できず、1枚か2枚撮ってそのまま死蔵させたものでした。

        • by jtakao (16864) on 2009年12月04日 1時11分 (#1683259)
          なるほど…
          僕は「科学」を買ってもらえたのは結構後だったので、日光写真もあった事でしょうね。

          親が「科学はおもちゃみたいなのばかり」と、最初は「学習」しか買ってくれませんでしたが、顕微鏡とか天体望遠鏡とか、すごく欲しい時は特別に買ってもらって、そのうちに科学も毎月買ってくれました。いつも4,5月号あたりの付録は結構いいモノでした。

          もう「明日」ですが、今からでも飲みにいきます?
          親コメント
      • by Anonymous Coward

        「学研のふろくミュージアム」に載っているのは高学年用の付録ですよね。
        わたしがピンホールカメラの付録で感激したのは小学2~3年生の時と記憶しているので、低学年用にもカメラの付録があったんじゃないでしょうか。
        その時のカメラはボール紙で組み立るような簡素なピンホールカメラだったような記憶があります。
        まぁ、明日あたり飲行きませんか?

        • by jtakao (16864) on 2009年12月04日 1時21分 (#1683263)
          ピンホールもありましたか。
          低学年の頃は買ってもらえなかったのでよくわかりません。
          当時、学校の写真クラブに所属していたのでピンホールカメラがどういうものかは知ってましたが、付録のカメラはレンズ付きだったのが、なんとなくうれしかったです。

          全然関係ないけど小学校の事ですから、写真クラブがあっても部室とか暗室なんて無く、トイレに暗幕張って現像してました。なので某高校の光画部がトイレを暗室にして怒られたというシーンには「いいじゃないか」と思った次第です。

          明日は即席飲み会でしょうか?
          親コメント
          • by wan! (35218) on 2009年12月04日 17時33分 (#1683703)

            中学生のとき科学部だったので、科学準備室に入り放題で、そこに誰も使ってない暗室があって、その中を探検したときのこと。
            棚の上に現像バットを見つけたのですが、その中になぜか乾涸びたニワトリの死骸が…あれは何だったんだろう…その後のニワトリの行方も不明です。

            親コメント
      • by Anonymous Coward

        学研の付録(5年か6年生)
         ・ピンホール、レンズ付き。
         ・印画紙を現像して、画像を出す
         ・カメラに印画紙をセットして、撮影→現像。これは反転画像(これを印画紙aとする)。
          印画紙aと未現像の印画紙(印画紙b)と密着させて明るい光源の元に置く。
          印画紙bを現像すると、ポジ画像が現れる

        小学○年生の付録
         ・印画紙と画像を密着させて、太陽の光を当てる
         ・画像が現れる(現像の必要なし)
         ・一晩(?)暗いところに置くと画像は消える
         ・何度でも使える

        だったと思います。今にして思えば、小学○年生の日光写真の印画紙が何で出来ていたのかが不思議だ。

        • Re:ショック (スコア:5, おもしろおかしい)

          by nu-u (12312) on 2009年12月04日 6時22分 (#1683291) 日記

          >学研の付録(5年か6年生)
          > ・印画紙を現像して、画像を出す

          今月の付録はカメラだってよ~
          カメラはわかるけど、こっちの袋には何が入ってるかな?

          ...........なに?この白い紙

          「まず説明書を読もう」と肝に銘じる最初の出来事だったよなwwww

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            同じ事をやらかして、たまたま親父が写真が趣味で(モノクロを自宅現像していた)、ちょっと見て
            「あぁ、印画紙で桶」というわけで三菱の印画紙を呉れました。

            押入れの中で赤ランプの元、はさみを使ってサイズを併せたのも良い思い出(笑

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...