パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

アニメの舞台となった高校の制服を「アニメバージョン」にするという地域振興案」記事へのコメント

  • 鷲宮神社の場合はらきすたというアニメの聖地である以前に、 宗教的な聖地であって、異人を受け入れる土壌があったことと、 神社自体の魅力も決定的に大きな意味を持ったのではないかと、 先日実際に訪れてみて強く感じた。 つまり、鷲宮神社には一種の「こころの拠り所」となるような 機能がもともと備わっていたから、「アニメの聖地」という 意味が後付けで加わっても対応可能だったし、また聖地となりえたのではないかと。

    「行政によるアニメを使った地域振興」「手法のパッケージ化」 も結構なのだが、聖地めぐりをしたくなるような作品自体の魅力と、 また訪れたくなるような地域の力があってこそ、そのような政策も可能だということを忘れないでほしい。

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...