パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Google ストリートビューの車、無線 LAN アクセスポイントと MAC アドレスも記録していた」記事へのコメント

  • アクセスポイントの電波を拾うこと?それをデータベース化すること?
    まだ公開もしていないデータに対して違法とするんだから、かなりつっこんだ法律なのかな。
    • Re: (スコア:3, 興味深い)

      通信の秘密は重要な権利ですが…。

      個人の無線アクセスポイントは恐らく「放送」には当たらないと思うので、「通信」に当たると思います。
      (FreeSpotとかFONは不特定多数向け?特定多数向け? >教えて、エロイ人!)

      日本の場合は、電波法59条にありますね。

      電波法第五十九条(秘密の保護)

      何人も法律に別段の定めがある場合を除くほか、特定の相手方に対して行われる無線通信(電気通信事業法第四条第一項 又は第百六十四条第二項 の通信であるものを除く。第百九条並びに第百九条の二第二項及び第三項において同じ。)を傍受してその存在若しくは内容を漏らし又はこれを窃用してはならない。

      ドイツの電波法は読めませんが、仮に日本のと大して変わらないと仮定すると、無線LANの電波集めて記録して自分一人でムフフするのはOK。
      でも、その内容や存在を公表したり、本人に無許可のまま何かに使ったらOUTだと思われます。
      当然Google MAPで表示するのは「その存在若しくは内容を漏らし」に当たるのでNG。
      --
      ---- ばくさん!@一応IT土方
      • by Anonymous Coward on 2010年04月27日 12時49分 (#1755544)

        > 個人の無線アクセスポイントは恐らく「放送」には当たらないと思うので、「通信」に当たると思います。

        > でも、その内容や存在を公表したり、本人に無許可のまま何かに使ったらOUTだと思われます。

        この場合の“「通信」に当たると思います”の通信は

          「個人の無線アクセスポイント」と「ストリートビューの車」間

        での通信を指しているんですよね? 他人同士の通信の内容をばらしたらアウトだろうけど、通信の当事者が相手方の許可なく通信内容をばらすのも、この電波法第五十九条の対象なのでしょうか?

        個人的には電波法で取り締まられるんじゃなく、民事的な争いの領域になるのかなと思います。

        親コメント
        • AP自体は自動なのがアレですが、「特定の相手方」の範囲の解釈は通常狭く取られるので、少なくともWEPなりWPAなりが施されているアクセスポイントにおいては、Googleが「特定の相手方」に含まれないと思われます。
          認証無しでSSIDをステルスにしていない局については設置者の意図によると思いますが、繋がってしまったとしても接続者からは不特定多数に自由に使わせるために公開しているのか、あるいは特定の人間を想定しているのかを識別不可能なので善意の第三者として無問題になるかと。ただし、その情報を業務として提供するという話になるとおっしゃるとおり民事的な領域で責任を問われることになりそうな気がします。
          まぁ、日本の法律でならという話ですが。

          電波法と無線LANについては以前こんな話もあった [takagi-hiromitsu.jp]ようで。

          --
          ◆IZUMI162i6 [mailto]
          親コメント
        • by Anonymous Coward

          >「個人の無線アクセスポイント」と「ストリートビューの車」間

          これは通信では無く、ストリートビュー車が傍受しちゃってるだけでしょう。
          個人の無線アクセスポイントなんだから、相手は家族などのPCだけと考えるのが普通だと思いますが。

          ですので、無線APの存在を公表するだけでもOUTだと思います。

          • by Anonymous Coward
            漏れ電波を傍受するのは合法ですが、それを使って何かやったり、
            さらに他に漏らしたりしたら違法ですよね。

            Googleはあいかわらず「違法行為でもとりあえずやれ、怒られたら考える」
            なんですね。
          • by Anonymous Coward

            例えば、SSIDは、秘匿設定していないなら、「ブロードキャスト」(つまり文字通り「放送」)されているんですよね。
            「放送(ブロードキャスト)」されているパケットだけに限って中身を公開するのは、「通信」の公開ではないため違法とは言えないと思いますがどうなんでしょうか?

            • by Anonymous Coward on 2010年04月27日 17時01分 (#1755705)
              通信と放送の融合だの、境界線がわからなくなってきただの言うことはありますが、
              SSIDやらMACアドレス情報が載ってる漏れ電波が放送だという解釈を見たのは初めて。

              通信における「ブロードキャスト」って、「全方向通信」みたいなものでしょ。
              その全方向通信を拾ったノードと通信をするためなんだから。

              ところで、2.4GHzはともかく、5GHz帯は屋外で使っちゃいけないのだから、
              もしGoogleが5GHzの帯域もWarDrivingしていたとするなら、違法行為かも。

              Googleって、新技術(というほどでもないが)をつかって触法しそうなことを
              やっては問題視され、「新しい技術をつぶすきか!」って逆切れるんですよね。

              なんかWinnyみたい。
              親コメント
              • by Anonymous Coward
                とはいえ、送信先MACアドレスを明に指定できるプロトコルで、そこにFF:FF:FF:FF:FF:FFを指定しているのだから、それにマッチするMACアドレスを持つグーグルカーが通信の当事者であることは自明だろう?
            • by Anonymous Coward

              スレの流れを読んで、どうしてそういう解釈ができるのか不思議でなりません。

              放送の定義=公衆によって直接受信されることを目的とする無線通信の送信(放送法第2条1号)

              秘匿の如何にかかわらず、意図していない通信なので放送では無いでしょう。

            • by Anonymous Coward

              例えば、SSIDは、秘匿設定していないなら、「ブロードキャスト」(つまり文字通り「放送」)されているんですよね。

              免許無しにブロードキャストパケット送信したらタイーホとか斬新すぐる

          • by Anonymous Coward
            ブルートゥースをONにしている携帯電話機も位置の特定が出来る。

            そして、携帯電話機ほど利用者個人を特定できるもののひとつ。
            あなたがどこにいるのか、どんなお店にいるのか、も特定できる。

            携帯でお買い物や通勤定期もしていたら・・・・

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...