パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ユニークな休暇」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    念のため確認ですが、これはおもしろおかしい理由をつけることができたら「本来与えられている有給休暇とは別に」取得ok、という話ですよね?
    まさかとは思いますが、有給休暇を取得するために奇天烈な理由をつけなければならないという違法行為ではありませんよね?

    多くの日本人が労使不問で勘違いしていますが、有給休暇の取得には理由をつける必要はありません。ただ機械的に取得を申し出れば、企業側は拒めません。業務的にこの時期に取られるとまずいという時に、時期を変更させることが可能であるのみです。

    まあ、大部分の企業は「ルールはあるが休めない」という空気が非常に強いことは認めますが…

    #そもそも平日に本来いるべき場所(学校や会社など)以外に居るということに違和感があってゆっくりできないので、10年間で片手で数えられる程しか代休・有休を取ったことがないAC

    • by Anonymous Coward on 2010年05月11日 14時24分 (#1761996)

      >>念のため確認ですが、(snip
      その質問に対する答えは記事に書かれてますよ。

      #修辞的疑問ってやつだったら、最初からそう書けば良いのに・・・。

      親コメント
      • MSN産経の記事には通常の年次有給休暇との分離は明確には書かれていないような気がします。
        「制度を導入した」とあるので従来の休暇システムとは多分別建てだろうと推測はできますが、関係は明言されてはいません。
        (記事を書いた人は自明だと思ったのかもしれませんが。)

        「アイディア休暇」で検索してみると

        「対象となるのは3カ月以上勤務する正社員・契約社員で、休むことができるのは毎年1月1日から12月31日までの1日のみ。」
        Business Media 誠:理由が面白ければ会社を休める、とある会社のアイデア休暇 [bizmakoto.jp])

        とあるので、この情報を信じるならば年間に1日だけということなので
        通常の年次有給休暇とは異なるだろうとかなり確信を持って推測できます。

        親コメント

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...