パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

唾液の成分から癌を発見する技術が開発される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    アメリカ人からと思われるサンプルを質量分析にかけたようですが、人種差がどうなのか気になりますね。遺伝子変異なんてのは、人種ごとに大きく異なっているのが普通で、普遍的な遺伝子変異って数えるほどしかないですので。いずれにせよ、興味深い研究だと思います。尿で診断できれば簡便だなぁとは以前から思っていましたが、唾液の方がもっと簡単ですね。

    • Re:人種差 (スコア:1, 参考になる)

      by Anonymous Coward on 2010年06月29日 16時50分 (#1787471)

      今回、年齢、性別、人種などの違いが、 このような違いを起こしている可能性も調べました。 それぞれ、健常者とがん患者の違いほど大きな違いはなく、 表 1 に示した物質は疾患の違いによる変化の方が大きいことが分かりました。

      (p.4, PDF 807KB) [keio.ac.jp]

      親コメント

人生unstable -- あるハッカー

処理中...