パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Cray-1を自作する」記事へのコメント

  • 「ただの箱」状態 (スコア:2, おもしろおかしい)

    by Anonymous Coward
    製作者によれば、Cray-1互換ハードを作ったのはいいが、
    その上で走るはずの過去のソフトが全く見つけられなくて困ってるそうで。
    スラド経由で知られれば協力する人も現れるかもね。
    • by hiroc-han (23419) on 2010年09月02日 0時09分 (#1818603)
      たぶん最も重要なのがコンパイラ。
      Seymour Crayが存命(1996年交通事故で死亡)であらば、
      もらえたかも。でも、会社が倒産してしまいましたから、
      最後は持っていなかったかもね。
      Cray-1の発表が1975年なので、当時のソフトが記録媒体上で
      残っているとしたら、テープ?、フロッピー?。
      当時のテープを読める機械が残っているのかが大問題。
      私の環境では、5インチも読めない。ドライブはあるが本体が壊れた。
      8インチはフロッピーのみ。眺めているだけ。
      親コメント
      • by kalb (19692) on 2010年09月02日 0時34分 (#1818609)
        クレイとソース互換のコンパイラは他社でも作ってましたからソースコードなら
        今でもどっかに有りそうですね
        (ベクター化のヒントになるディレクティブとか)
        バイナリだと…ちょっとどうかな?
        親コメント
      • by Anonymous Coward

        CRAYのベクトル化コンパイラは性能が良くないために、ソフトはアセンブラで書かれることが多かったとのことです。
        とりあえずOSは必要でしょう。先行納入されたところ(LLNLなど)はOSなしで使っていたそうですが。

        テープにもいろいろありますが、ドライブはあるところにはあるでしょう。
        http://www.maxell.co.jp/jpn/industrial/video/i_com_tape/i_vocabulary/i... [maxell.co.jp]

        ちょっと外れますがIBM 704のFORTRAN IIのコンパイラのソー

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...