パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国、1940年代にグアテマラで性病の人体実験」記事へのコメント

  • 「報告を受ける立場になかった」とかなんとか言って責任を逃れようとしてるどっかの検事総長とは大違いですね。
    • Re: (スコア:2, すばらしい洞察)

      責任の取り方として「クビ」以外想定していない方にも問題あると思いますが。
      検事総長としての責任の取りかたは膿を出しきって、内部改革をきちんと遂行することでしょう。

      そしてここでの大統領の責任は外交上の責任となります。謝罪したってのもそのほうが国益に叶うからであって、謝罪しても国益にならないのなら謝罪なんてしませんよ。

      • by Anonymous Coward on 2010年10月04日 11時55分 (#1834400)

        例えば、
        「実は検事総長自体が…」
        ってのも有るから、関節責任であっても関係を認める事自体が危険な訳だが。

        >責任の取り方として「クビ」以外想定していない方にも問題あると思いますが。
        なんて国民から見たら自分等(問題を起こした検察庁内部)で勝手にやっているだけの話だし。
        勝手にやっていながら「国民が…」っての、多いよな。

        親コメント
        • by Anonymous Coward
          その件は追求せず、過労で判断能力が低下した人がとんでもない行動を起した・・・くらいで処理しといたほうがいい。
          でなければ、関係者が自殺を装った他殺で口封じされてしまい、後の時代になって証言を得ることすらできなくなるよ。

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...