パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

赤松健、「漫画をアップロードすると広告付きPDFを生成する」というサービスを立ち上げる」記事へのコメント

  • by Elbereth (17793) on 2010年11月17日 19時46分 (#1860465)
    広告って、検索でシェアを握っているGoogleやらiOS端末を支配しているAppoeとかならともかく、
    そんなに沢山広告が集まりますかね。ちょっと不況になったら広告がなくなって
    読まれても広告がなくて作家に収入がいかないとか、配信そのものが止まったりとか
    なっちゃうんじゃないかな~などとネガティブなイメージをもってみるテスト。

    あと、他の投稿で、自分の作品に新作の広告を載せるとみたいな話が書いてあったけど
    Amazonみたく、この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいますみたいにやられると
    面白いことになりそうだけど、あれってAmazonが特許持ってたんだっけな。
    • by Anonymous Coward

      そもそも、広告を入れて無料、というモデル自体、時代遅れという感じ。
      そこだけ見たら「無料で漫画が読める」とかになるわけだが、当然その広告料は“どこか”に転嫁されるわけで。
      回り回って結局よくわからないうちに出費が発生する不透明なモデルは終わりにしてもらいたい。

      それこそGoogleとか、ここスラドもね。

      • by digoh (17917) on 2010年11月18日 11時13分 (#1860705) 日記

        何が言いたいのかいまひとつ不透明です。
        元コメの「広告モデルっても儲けられないんじゃない?」なら理解できるんですが、

        「出費」って誰から誰への話をしているのでしょう。
        「時代遅れ」って、じゃあどうすればいいんでしょう。
        会計を公開すれば良いですか?
        外部の会計監査を入れればいいですか?
        でもどっちも「広告モデルは時代遅れ」ってのとは関係ないですね。
        何かその辺を解消できる最新鋭のモデルをご提示いただけると助かるのですが。

        親コメント
      • by Anonymous Coward
        「広告モデルが時代遅れ」じゃなくて、「広告費を製品価格に含めないで欲しい」という、ただの願望でしょう。
        実際には、そういう製品のほとんどは、ろくに売れ無いままゴミになるだけ。
        売る側からすればバカの選択。
    • by Anonymous Coward

      今でこそ普通になったWebコミックがまだ珍しかった頃、
      コミックSEED! [wikipedia.org]というWebコミック雑誌があってですね。
      出版社の倒産で休刊に追い込まれたものの、事業自体は黒字だったらしいのですよ。
      当時はライバルとなるWebコミックが無かったのも確かだし、
      紙で出版するコストが大きすぎるだけの話かもしれない。
      でも掲載作家に大物がいない中でも黒を出せたということは
      それなりの広告収入は見込めるんじゃないですかね。

      雑誌と違って単行本だと作者の知名度で広告収入が雲泥の差になるかも、というのは感じます。

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...