パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「光の道」骨子案まとまる、NTTからの光回線分社化案は見送り」記事へのコメント

  • 残念、、、 (スコア:-1, フレームのもと)

    by Anonymous Coward
    これで、また何年か日本は停滞する理由か、、、、
    • Re: (スコア:5, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward

      >これで、また何年か日本は停滞する理由か、、、、

      逆です。

      本来、ISDN->FTTHの流れにソフトバンクが妨害を加えなければ、
      ADSLの普及が2年遅れた反面、FTTHの普及は5年速く進み
      2010年末時点ではソフトバンクが叫ぶFTTHインフラに近いものの土壌が
      すでにできあがっていたはずでした。

      別にそれが良い悪い(良かった悪かった)ではないのですが、
      ソフトバンクはそれを阻止して一時的にADSLでの利益を追求しました。
      これも良い悪いではない話として、FTTH普及の面で言えば妨害者なわけです。
      もちろん現時点でもソフトバンクが持つFTTHなど微々たる物です。

      ところがADSLの価格低下が予想以上に進んだ結果、YahooADSLも斜陽に。
      するとソフトバンクは「NTTが全部悪い、FTTHをよこせ」と叫び始めました。

      ただそれだけのことです。

      • > 本来、ISDN->FTTHの流れにソフトバンクが妨害を加えなければ、
        > ADSLの普及が2年遅れた反面、FTTHの普及は5年速く進み
        > 2010年末時点ではソフトバンクが叫ぶFTTHインフラに近いものの土壌が
        > すでにできあがっていたはずでした。

        これは絶対ないですね。
        100歩ゆずってNTTがいち早く単独でFTTH提供に乗り出していたとしても
        FTTHの提供価格は今より高騰し、結果として今ほど普及と呼べる
        ものに成らなかったでしょう。

        良くも悪くも、ソフトバンクがADSLで価格破壊を起こしたことで
        日本のFTTHも今の価格で提供できているのです。

        つまり結果として、ソフトバンクvsNTTつまりADSLvsFT
        • by Anonymous Coward
          事実誤認っていうのが事実誤認ですね。

          Yahoo!BBで、ソフトバンクがNTTが進める、インフラの光化を邪魔したのは
          もはや覆せない事実です。
          光化されたインフラの下にいるエンドユーザをYahoo!BBに引き込むために、
          手間をかけてまでわざわざメタル回線に戻させてましたよ。

          このようなソフトバンクのやりくちのせいで、日本の通信インフラの光化は
          数年は遅れたんです。

          それを今頃、全国の新聞でアンケート広告まで出して、光の道とか言ってる
          のって、盗人猛々しいと思う。

          Yahoo!BBの値段設定のおかげでFTTHが今の価格になったというのは、後から
          なら何とでもいえるってだけですね。
          • >> つまり結果として、ソフトバンクvsNTTつまりADSLvsFTTHの構図が日本の
            >> BB化と廉価化を促進したのは間違いないです。
            >> 私はその手の業界で働く者ですが、我々の業界では大半がこういった認識です。
            >
            > で、それは肯定的な見解、否定的な見解のどっち?
            > 普及と廉価化を進めたという見解は、多くのスラド民だって同じだと思うよ。
            > しかし、それは所詮結果論でしかない。一部の者が自分の利益だけ考えて
            > 長期計画を無視したために裏目に出たんじゃないの、って話でしょ。

            インターネットユーザーの視点に立てば肯定できるし、同業の者としては
            • Re:事実誤認です。 (スコア:1, すばらしい洞察)

              by Anonymous Coward on 2010年11月23日 16時37分 (#1862877)
              > FTTHは国策でもないから、一企業のNTTが独占的にやったとしてもこれほど安価にはならなかったし、当然普及もしなかった(と思う)。

              FTTHは悲願とまでは行かないものの、未来想像図として描かれてましたよ。通産省も御用学者もNTTグループ、電電ファミリー企業(富士通、日立、NEC、沖電気)も、FTTHの実現に向けて取り組んでいましたよ。それも一部の地域だけではなく、全世帯に提供することを前提として。

              > でもそれはNTTの都合でしょ。ユーザーの望んだものではなかった。
              > 邪魔したかどうは置いといてユーザーはRTにしてくれなどと頼んでないし

              ユーザーは音質を改善することは暗に求めてたと思いますよ。
              いまではクリアな音質が当たり前ですが、かつてはノイズ混じりで音量が小さい「電話が遠い」なんてのは、あちこちで見られました。

              > ADSLによるブロードバンドを望んだのが事実。

              そりゃ将来よりも今、ですからね。
              基金を取り崩して保険料を安くするプランに飛びつくような、そういうものです。
              親コメント

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...