パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

これからのビジネスマンにはスペイン語が必須になるかも?」記事へのコメント

  • だからなに? (スコア:1, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward

    相手が何語が喋れるか解らない時の共通語として、英語の話者は今後も増えて行くと思う。

    話者の数で言えば中国語が一番多いと思うのだが、だからといって世界の共通語として中国語を学ぼうとする人は少ないよね。
    中国文化を学んだり、ビジネスのために中国語を学ぶ人はこれからも増えて行くと思うので、今後世界の共通語になる可能性は、、、あるかなあ。
    喋れるけど読み書きできないような状況になりそう。

    • by Anonymous Coward

      私の経験でもスペイン語ネイティブと中国語ネイティブといずれも英語で会話しましたね。私は日本語ネイティブなので、お互いに後天的に身に付けた言語で会話したことになります。まあ学術関連での話なので、英語が基本言語になっているせいもあるのでしょうが。
      興味深いのは、哲学を研究している友人に聞いた話です。その友人はカントを基本文献として研究を進めているのですが、カントの書いたドイツ語の文献や時にはラテン語の文献を読みながら、自分の論文は英語で書くとのことです。(日本国内向けだと当然日本語ですが。)この潮流は世界的で、ドイツ語圏の研究者でも英語で論文を書く人もいるとのことです。自分の論文を世界的に流通させるための戦略としては英語で書くのがやはり有効だとのことです。ドイツ語やラテン語の専門用語に対応する英語の専門用語がどれであるかということでほぼ合意がとれているので、おおむね問題無くそれぞれの主張を理解しあえるようです。

      • by kmr (7702) on 2010年12月02日 16時55分 (#1867608)

        当然な話で、どんな国においてでも、他国企業相手にビジネスしようとする人は
        100%、英語ができる人です。(上手いか下手かはおいといて)

        もちろん、実際の作業で現地スタッフと会話する必要が出てくる場合はありますが
        それはまったく別の話なので。

        親コメント
        • by Anonymous Coward
          「スペインの雨は主に平地に降る」限りは英語は安泰だ。
          • by Anonymous Coward
            オードリー乙。ちゃんと'n'は鼻音響かせるんですよ。
        • by Anonymous Coward

          だから、
          >他国企業相手にビジネスしようとする人は100%、英語ができる人
          である理由は英語ができれば(ある程度以上の教育水準の人相手なら)意思疎通ができるからだってことでしょ。
          卵が先か鶏が先かって話になってしまうけど。

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...