パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

車のリアビューモニタ、米国で義務化の動き」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    > リアビューモニタは一度使うと「リアビューモニタ無しには戻れない」

    それって「便利」なのであって,「安全性」についていいとは
    言い切れないですよね。
    (今までは、体をひねって後ろを見ても見えないし、操作もしづらい)

    むしろなまじ「見たい部分が見える」だけにその画面の外は
    全然見えなくてバック中に急に横から入ってくる子供・猫なんかは
    今までと同じく対応できず、むしろ画面だけ見ちゃう分
    「周囲全体を見る」ことをしなくなってしまう危険性がありそうな気が…

    • > リアビューモニタは一度使うと「リアビューモニタ無しには戻れない」
      それって「便利」なのであって,「安全性」についていいとは
      言い切れないですよね。

      いや、これは「便利なだけでなく安全性を向上させる」と思います。

      私の車にもついていますが、普通、車をバックさせる場合、

      1. ギアをバックに入れる
      2. 体をひねって後ろを見る

      という順序だと思います。でも、それだとちょうどリアガラスよりも下の部分に隠れている領域は全然見えない。
      リアビューモニターがあると、

      --
      fjの教祖様
      • by Anonymous Coward
        危険なだけなので体をひねるのはやめていただきたい。
        通常の乗車姿勢を保ちサイドミラーを使えば車体側面の
        かなり下方まで視認できます。真後ろ下方だけはモニタが
        あるといいかも知れませんが。
        • Re: (スコア:2, 参考になる)

          体をひねって振り向けば後部座席の窓ごしに見えるはずのものの、ごく一部しかドアミラーでは見えないのでは?。ルームミラーだって、リアウィンドウしかみえないし。そりゃ、振り向いたときにセンターピラーリヤピラーに隠される車体のすぐ横の部分がドアミラーでは見えるってのはあるけど。

          いきなり体をひねるのではなく、まずルームミラーとドアミラーとで分かる範囲の安全確認をするべきってのは賛成。 いきなり車のすぐ横に物体が出現したりはしないので、バックする直前にドアミラーを見たら後は後ろを振り向いてたほうが、(相対的に)近づいてくるものをミラ

          • by Anonymous Coward

            >体をひねって振り向けば後部座席の窓ごしに見えるはずのものの、ごく一部しかドアミラーでは見えないのでは?。

            逆にドアミラーじゃないと見えない部分が結構あるよ。個人的な経験だけど。
            外国のスポーツカーや高級車には乗ったこと無いけど、たいていの日本車では、
            ミラー越しに見えないものは車内で振り向いても結局見えない気がする。

            • ミラー越しに見えないものは車内で振り向いても結局見えない気がする。

              前を向いたときに、ちょうどヘッドレストで隠れる範囲がありますよね?頭を普通に振っても結局見えない範囲。
              そこからバックミラーとサイドミラーで見える分を引く。
              リアビューは「トランクがあって見えない部分」は見せてくれるけれど、左右に関してはさして視野角を増やしてはくれないので左右に関してはリアビューは勘案しなくてもいい(今、真後ろにはまだ誰もいない、としましょう)。

              と、自転車が15km/hぐらいで走ってきてあなたの車の後ろをすり抜けようと考えていたとしてください。
              あなたがちょうどアクセルを踏んだ時に、いい具合に真後ろに自転車がいるとする。そこに自転車が来るためには、「ギアを入れて一応ミラーだけで後方を確認した」タイミングでは「ちょうど見えない死角」にその自転車はいます。特に最近の車はドアミラーが多いので、この死角が結構広い。

              リアビューで確認して、ブレーキを踏んでももちろん間に合うでしょうけれど、そもそも後ろを見ていればそれらの死角も含めて見えます。なのでそもそもブレーキを離さないで済みます。

              右後方、左後方とも、ミラー確認だけだと、車には結構死角があるのです。
              一方で、最近は健康ブームで、自転車がいっぱい走っているのです。

              .

              まぁ、それでも。私が運転免許証を取った、山形県赤湯の市街地よりは全然少ないけどな。
              # おばちゃんがずらっと自転車7台で横並びしてGメン75のような行進をしてきたときは、どうしようかと…
              # すごく幅広い道路だったのに7台もいるし、相手は一通逆進だし、逃げる場所はないし…

              --
              fjの教祖様
              親コメント
              • by Anonymous Coward

                と、自転車が15km/hぐらいで走ってきてあなたの車の後ろをすり抜けようと考えていたとしてください。
                あなたがちょうどアクセルを踏んだ時に、いい具合に真後ろに自転車がいるとする。そこに自転車が来るためには、「ギアを入れて一応ミラーだけで後方を確認した」タイミングでは「ちょうど見えない死角」にその自転車はいます。特に最近の車はドアミラーが多いので、この死角が結構広い。

                言いたい事はわかるが・・・そこは走ってきて車の後ろにしゃがみこむ子供、とかを想定すべきでは?

                仮にルームミラーで全く後ろが見えない車だと仮定した場合:
                普通の自転車は乗用車の幅より長いし

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...