パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

イカタコウイルス作者事件初公判、器物損壊罪に該当しないと無罪主張」記事へのコメント

  • その理由として弁護人は「パソコンのハードディスクに影響が生じたのは一時的で、復旧は可能だった」と述べた

    というけど、

    ここ [copains.idns.jp]の情報を信じるなら、

    ほぼ同時に様々なファイルが次々魚介類のイラスト画像ファイルに書き換えられていきます。
    実行ファイルを含むファイルのほとんど全てが魚介類イラスト画像ファイルになります。
    (BMP,PNG,GIF,JPG ファイルになります)。

    正確には書き換えというより置き換えであり、元ファイルは消滅(削除)されます。

    書き換えの対象は、実行

    • by denchu (6847) on 2010年12月10日 16時35分 (#1871957)

      OSの機能はリカバリすれば何とかするにしてもユーザーが作成したデータはバックアップがなければ復旧できないもん。

      検察側の主張が「PCが起動出来なくなったから器物破損罪」になっているんじゃないんですかね。
      前回(?)はデータを破壊しても器物破損罪に問えなかったよう [srad.jp]なので。

      と、考えるとヘタすればこの主張って偽証罪レベルじゃないかしら。

      たとえ有罪になっても、さすがにそれ(偽証罪)はないような気がします(^^ゞ

      親コメント
      • Re:戻せるの? (スコア:2, 参考になる)

        by Anonymous Coward on 2010年12月10日 16時45分 (#1871962)
        つか証人は偽証罪に問えるけど、被告が偽証罪になることは絶対にありません。そもそも証言じゃないもん。
        基本的に被告はウソついてもそれ自体を罪に問われることはありません。その代わり、被告はそれこそ決定的な物証がない限り何主張しても自動的に罪を逃れるためのウソだとみなされます。当然ながら証拠物は検察が全部握ってて被告有利になるものは出てきませんが。有罪率100%の一因だね。
        親コメント

犯人は巨人ファンでA型で眼鏡をかけている -- あるハッカー

処理中...