パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

東京都の青少年健全育成条例改正案が可決」記事へのコメント

  • 条文をまったく読まず報道だけを拾い読みした状態での質問です。

    都知事が書いた小説を漫画化したような品性下劣なものを、
    そうではないものと分けて売る事が都内では義務づけられるのですか?

    それとも、品性下劣なものを売ってはいけないことになるのですか?

    • Re: (スコア:3, 参考になる)

      by Anonymous Coward

      タテマエ上は分けて売ればいいということになっていますが、実際には取次が扱ってくれなくなるので事実上の販売禁止です。書店やコンビニの「成人向け」の棚に置かれている本や雑誌は自主規制にすぎません。有害指定されたらそんな簡単には買えなくなります。
      また日本中どこの書店で売られる本も、一度東京の取次を通るので都内だけの問題でもありません。

      • by Anonymous Coward

        有害指定食らうかどうか冷や冷やしながらチキンレースやるくらいなら、
        BLもTLもグロもアングラもREDいちごも最初から成年マーク付けてお出しすればいいではないですか。

        • Re:売り方の話ですか? (スコア:5, すばらしい洞察)

          by Anonymous Coward on 2010年12月15日 15時47分 (#1874152)

          そうすると、販売機会の減少が発生してしまい、実質的な売り上げ減につながってしまいます。
           無論、境界線ぎりぎりな本の一部は成人向けに移行して良いとは思いますが、
          条例の内容はその境界線はどこにあるかが全く明確でないところが問題点なのです。
           漫画表現には、どうしても不謹慎だったり誇張表現だったりがつきもので、「まっさら健全」を
          豪語できるものはむしろ数少ない方だと思います。
           つまりグレーゾーン(とされる領域)が非常に幅広いのに、クロとの境界を明示しない結果として、
          グレーゾーン全体に対する萎縮効果が発生し、表現の萎縮という影響を及ぼす、というわけです。
           ゾーニング規制そのものは既存で存在しており、何も新しい条例を発する理由は存在しないはず
          なのに、曖昧でどうとでもとれて、一方的な指定(反論する手間を掛けられる人は少ない)で事実上の販売禁止
          にできてしまうと言う点、それを避けるためには(条例が想定しているより)より大幅な自主規制で
          「腫れ物を触りに行かない」ようにしなければならない点が問題なのです。

          親コメント

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...