パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

東京都の青少年健全育成条例改正案が可決」記事へのコメント

  • 地方の場合 (スコア:1, 興味深い)

    by Anonymous Coward
    この条例ばっかり取り上げられて地方がどうなっているか全然報道されない。
    既に規制されてる宮城では区分陳列されている。
    コンビニだろうとどこだろうと分けられてるし、問題があるとは思えない。
    内容が明らかにエロなものは有害図書になってるが
    いままで過剰だと思ったこともない。
    • Re:地方の場合 (スコア:2, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward on 2010年12月15日 17時18分 (#1874237)
      問題はその基準であって、これまでの有害図書指定の範囲を超えて拡大
      する可能性が高い改正だってことなんじゃないでしょうか。

      TSUTAYAのエロビデオコーナーのごとく、間仕切りとカーテンで仕切られ、
      子供は入っちゃいけませんって雰囲気の中に、ヤンマガとかスピリッツ、
      ヤンジャンとかが置かれるようになるわけですよ。

      もちろんそんな事態になっちゃ売り上げが激減するので、青年誌・少年誌も
      連載作品の中からエロとか同性愛とか暴力とかを排除した内容にしていく。
      そうすると作家らにとっては、条例によって創作が委縮させられたとして
      よくは思わないわけです。

      そして、それは日本の人口の一割を有する首都東京で行われるわけです。
      その影響は全国で販売される漫画全体に及ぶわけです。

      少年犯罪史上、最悪の事件「女子高生コンクリート詰め殺人事件」がありますが、
      その残虐さを考えると、何で犯人たちは死刑にならなかったのだろうと思う
      くらいです。
      そんな残虐事件との関連性も疑われるほどそっくりなストーリーの
      「完全な遊戯」は、小学生でも買えるわけですよね。

      そう思うと、この条例には正義は無いと思います。
      親コメント

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

処理中...