パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

UNIXサーバはリブートすべきでない説」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2011年02月23日 20時23分 (#1907393)

    Runlevel変える方をまずやっちゃうな
    # そういうものじゃないの?

    • by funnyfan (27822) on 2011年02月23日 21時41分 (#1907424)

      # init 6

      ですね、間違いない。

      親コメント
    • by cm (41778) on 2011年03月01日 2時41分 (#1910103)

      >Runlevel変える方をまずやっちゃうな

      サービスの停止/起動が発生しちゃって、解析が難しいことになったりする。
      モニタリングやクラスタのフェイルオーバ要件定義の訂正とかやって、ぐずぐず延命したとしても、それはそれで解析の難度を高めることになっちゃう。

      といったことが結構あって、基本的にサービス提供が阻害される問題発生時には「サクっとリブート」という合意があるサーバが結構ある。
      逆にそうでないサーバもあるけど、run level変更などを含めて、事前に手順化してあって、「試しにこれしよう」みたいなのは、受け入れられない。
      さらには、サービスダウンの甘受時間ってのがあって、ちんたら時間がかかる作業はそもそも手順化していない(or手順として排除される)わけで、基本、許さない。

      でもって、短時間であっても失敗実績が増えてくると淘汰されちゃうわけなんだ。
      リブートでサービスが復旧した割合もチェックされていて、当然、老朽化しているサーバとは?そういったサーバについての手順は?といった見直しがされていたりして、仕事は結構あるわけだ。

      親コメント

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...