パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

オサマ・ビンラディン殺害が報じられる」記事へのコメント

  • 素朴な疑問 (スコア:1, 興味深い)

    by Anonymous Coward on 2011年05月03日 18時06分 (#1946353)
    米軍のこの作戦行動って、パキスタン刑法からみてどうなのよ。
    もしかして、パキスタン・米国間の地位協定で免責?
    • by maia (16220) on 2011年05月03日 22時39分 (#1946457) 日記

      以前からパキスタン国内でアメリカは軍事行動していますね。地位協定は二国間協定であり、どうなってるかはよく知らないけど、今回の件はパキスタン政府に全く知らせずに作戦を実行し、事後に承諾を求めた(いつもの事かもしれない)。

      殺害うんぬんについては、これは「戦争行為」という事で、全く問題にならないと思う。国際世論は問題だけど、ロシア政府も支持を表明しているし。

      そんな事より、ビンラディンをパキスタン軍やISI周辺でかくまっていたのではないか、という疑惑を、アメリカは無視する気が無く、パキスタン政府としては、更にまずい立場に置かれつつある。同時に、国内やアルカイダから、パキスタン政府が攻撃を受ける可能性も高い。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        > 殺害うんぬんについては、これは「戦争行為」という事で、全く問題にならないと思う。

        丸腰の民間人を殺害したので、ジュネーブ条約の「文民の保護 [ocn.ne.jp]」に違反してますが何か?
        仮にビン・ラディンが軍人だったとしてもアメリカは捕虜として扱う義務があり、捕虜の殺害は極東軍事裁判で裁かれたように、最高刑で死刑が適用されます。

        ひっとらえればアルカイダの組織の内容を自白させて組織を壊滅できたのに、それをしないで殺害したのは、かつて旧ソ連のアフガニスタン侵攻の際にビン・ラディンがアメリカの飼い犬だった過去など、都合の悪いことが明らかになるのがまずいからでしょう。

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...