パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

本家/.でもグルーポンのシステムが議論に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    これって、要するに共同購入を前提にした格安クーポンなわけで、いたずらに配るよりもお客に届きやすいというものだと思うけど、じゃあ、普段のクーポンはどうしているの、という疑問が。

    • by Anonymous Coward on 2011年05月09日 17時15分 (#1949176)
      >じゃあ、普段のクーポンはどうしているの、という疑問が。

      半額のクーポンを配る例。(本当は原価によって左右されるだろうけど)

      A)普段のクーポン
       収益:100%×1/2=50%

      B)グルーポンのクーポン
       収益:100%×1/2×1/2(グルーポンの取り分)=25%

      なので、自分で配布するより遥かに収益が少ないです。
      クーポンを配布する手数料として25%を献上することの是非は、
      お店の方針によって変わるかと。

      それと普通のクーポンは客が来なかったら紙の無駄ですみますが、
      グルーポンはほぼ確実に使われるため、25%で売っても収益が出る価格にしないと、
      配布時点で赤字が確定するという側面がありますね。
      だから定価を高くする必要が出てくる、と。

      # どちらかというと、「半額になるクーポン」っていう
      # 前提がおかしいんじゃないの?と思う。
      親コメント
      • by Anonymous Coward

        > だから定価を高くする必要が出てくる、と。
        定価じゃなくて、周辺商品との組み合わせを考えるんでしょ?

        あと、日本でもホットペッパーとかあったはずだけど。

        • Re:そもそも (スコア:2, 参考になる)

          by nim (10479) on 2011年05月09日 18時30分 (#1949219)

          ホットペッパーは掲載にお金がかかる一方、クーポンはお店が勝手に設定できるはずです。つまり、クーポンを使用されようがされまいが、リクルートの売上には関係ありません。
          お店にメリットがないと、継続して掲載料をとれないわけで、まあグルーポンよりは利益相反が起きにくい形に見えます。

          親コメント

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...