パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

本家/.でもグルーポンのシステムが議論に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    これって、要するに共同購入を前提にした格安クーポンなわけで、いたずらに配るよりもお客に届きやすいというものだと思うけど、じゃあ、普段のクーポンはどうしているの、という疑問が。

    • by Anonymous Coward
      >じゃあ、普段のクーポンはどうしているの、という疑問が。

      半額のクーポンを配る例。(本当は原価によって左右されるだろうけど)

      A)普段のクーポン
       収益:100%×1/2=50%

      B)グルーポンのクーポン
       収益:100%×1/2×1/2(グルーポンの取り分)=25%

      なので、自分で配布するより遥かに収益が少ないです。
      クーポンを配布する手数料として25%を献上することの是非は、
      お店の方針によって変わるかと。

      それと普通のクーポンは客が来なかったら紙の無駄ですみますが、
      グルーポンはほぼ確実に使われるため、25%で売っても収益が出る価格にしないと、
      配布時点で赤字が確定するという側面がありますね。
      だから定価を高くする必要が出てくる、と。

      # どちらかというと、「半額になるクーポン」っていう
      # 前提がおかしいんじゃないの?と思う。
      • Re: (スコア:-1, 荒らし)

        by Anonymous Coward

        激安、格安と言っているのに仕入れ値より高いって詐欺でしょ。

        商人はそれが当り前かもしれないけど、物の本来の価値より安くないなら全て割高なわけで
        そういう意味ではグルーポンによる値引きは本来の意味での値引き

        販促のための安売りで利益を得ようという発想がそもそもずうずうしい。

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...