パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

本家/.でもグルーポンのシステムが議論に」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    その条件で赤字になりそうなことは契約を持ちかけられた時点で判りそうなものだけど
    何でその条件で売ることにしたの?
    赤字になってでも得たい何かがあったがそれが期待通りに得られなかった事こそが問題なんじゃないの?

    • by Anonymous Coward

      当初の約束よりも販売数を増やされたため、赤字が想定以上に膨らんだ

      ってのを見かけたよ、日本の例として。

      • 日本の例として、こういうのがあります。
        http://getnews.jp/archives/102326 [getnews.jp]

        もしかすると、日本以外でもこういった条項が存在するのかもしれません

        • by Anonymous Coward
          >「貴社(グルーポン)が本件原稿について自由に追加修正できることにつき、同意し、一切異議を述べません」

          これって白紙委任状に等しい内容だよね?
          契約書と同時にこんな書類を提出させるなんて、公序良俗に反する契約として無効にならないの?

          これがまかり通るなら、金を貸すときに1%の約束で借用書を作成後、債権者が後日、利息制限法目一杯の利息(十数%)に一方的に書き変えるなんてことも可能になってしまう気がするのは気のせい?
          • by Anonymous Coward on 2011年05月10日 11時19分 (#1949549)

            グルーポンパートナー規約の全文ってどこかで見れるんですかね?
            一部分だけを抜き出して勝手に解釈して騒ぐのはおかしいと思いますけど。

            規約の5条は「原稿の入稿」となっているようですから、
            常識的に考えれば、クーポンの本質的な内容や利益の分配といった契約内容ではなく、
            クーポンのいわばデザインについてグルーポン側に決定権を一任するものだと思いますよ。
            その文面がクーポンの内容に関する店側との契約内容と食い違っていたら、
            それはクーポンの原稿作成に責任を持つべきグルーポン側のミスでしょう。

            つまり、店側がクーポンとして客に提示したいキャッチとか写真とかを提供するにしても、
            それをどのようにレイアウトし、どんなキャッチを付けるかはグルーポンが決めますよ、と。
            別に無茶な契約じゃないです。

            そうじゃないならちゃんとしたソースが欲しいですね。

            親コメント

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...