パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

「最も侵略的」とされるイネ科植物スパルティナ・アルテルニフロラ、国内侵入」記事へのコメント

  • 豊橋港周辺は、「帰化植物」の宝庫です だって、オレのとこ「豊川市内」っすけど・・・ 「カナダ」にしか生えてないはずの「紫露草」がここにあるよ~ん いま、綺麗な紫と白色の花を咲かしておりましゅる 蒲公英も、すでに日本古来のはすべて駆逐され セイヨウタンポポの亜種ばっかでっせ。 何を今更、仰るのか理解不脳で誤JAL。
    • Re: (スコア:2, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      >蒲公英も、すでに日本古来のはすべて駆逐され

      おや、うちはお隣(と言っても広いけど)の岡崎の某研究所ですが、こちらは何故かセイヨウタンポポが駆逐されほとんどニホンタンポポ一色。
      別に変な薬品とか改変したニホンタンポポをばらまいたりはしてないはずなんだけど何故だ……
      #今年は久しぶりにシロバナタンポポも発見。

      • by Anonymous Coward on 2011年08月18日 20時59分 (#2005538)

        安城市ですが、西洋タンポポ、日本タンポポが建物一つを隔てて存在しています。が、混血のようなものがかなりありますので、自分には見分けられていないだけかもしれません。

        親コメント

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

処理中...