パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

高性能なロボット義手/義足、自分の手足を切り落としてでも欲しい?」記事へのコメント

  • より遅いランナーは義足が欲しいと思うかもしれませんね。
    • <quote>より遅いランナーは義足が欲しいと思うかもしれませんね。</quote>

      わざわざ義体化しなくても、生身の体にアタッチメントつけて速くなる方法あるんじゃないかな。
      最近介護用とかで実用化目指している、装着型ロボットありますよる。
      神経をつないで云々とかになるとサイボーグ化必要になってくるでしょうけども。
      • by Anonymous Coward on 2011年09月01日 16時49分 (#2012974)

        ビストリウスの義足は、みるからに速く走れそうな義足で、
        ウサギの後ろ足みたいな感じです。
        バネの原理でキック力を出しており、それで速く走れるのでは
        ということで当初は健常者の大会では認められていませんでしたが、
        裁判を経て「バネの力と相関性は確認できない」ってことで
        健常者の大会に出ることが認められちゃったんです。

        裁判所は、このバネの力を利用した義足を、本物の足と同じ程度と
        判断したわけです。

        さて、健常者がアタッチメントを付けて強化することが認められるか
        といえば認められないのはすぐわかりますよね。

        人間の力以上のものを出せちゃいけないんです。
        ビストリウスの義足は、かなりグレーですが。

        マンガ「寄生獣」で、パラサイト「後藤」が両足を変形させて
        猛スピードで走るところがありますが、それに似てますね。

        親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...