パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

メキシコシティで「逆ピラミッド型」巨大ビルが設計される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2011年10月15日 12時50分 (#2035011)

    日本だと地下室は洪水の際におぼれ死ぬ可能性があって、いざという時は危険だったりする。
    他にも主要施設とか非常用の通信機や発電機を地下に置くなどは、まず考えられないよね。

    ところでこの深さだと、「浮力」でビル全体が浮き上がらないかい?

    • by headless (41064) on 2011年10月15日 15時22分 (#2035060)
      メキシコシティは標高2,240メートルなので、イメージ的に洪水はないような気もします。ただし、湖だったところを埋め立てたそうなので、周囲よりも少し低くなっている可能性はありますね。どうなんでしょうか。

      他にも主要施設とか非常用の通信機や発電機を地下に置くなどは、まず考えられないよね。

      日本でも地下に設置されていた非常用電源設備が水没しましたよね。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2011年10月15日 18時09分 (#2035127)

      ん?
      確かに地下は洪水に対して脆弱です。

      でも,一般的に日本でも非常用発電機:電池は地下に置かれています。
      重いのと,振動や燃料補給の関係で,地下にあるそうです。
      だからデータセンタでも洪水に対しては結構弱いし停電すると聞いたことがあります。

      原発さえ地下にあって津波で水没したんですよ。
      原発の場合はアメリカの設計が竜巻対策で地下が安全という思想をそのままコピーしたらしいですが。

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      地面に押されてってことなら、浮く前に踏ん張り効かずに潰れるんじゃ?
      水でということなら、浮く前に浸水すると思う。

      ってか、あの形状だと何もなくても自重で沈んでいったり…
      (空間多いからさすがにそれはないか)

      • by SteppingWind (2654) on 2011年10月15日 15時28分 (#2035062)

        メキシコシティってもともと湖を埋め立てて作った都市で, 深い所では深度300mぐらいまで水分を多量に含む軟弱地盤だったりします.

        そういう所ですから地震で液状化したり, 地下水位が上がったりした場合には建造物自体が潰れなくても浮き上がったりする [hanshin-exp.co.jp]ことは十分にありえます. 地下/半地下建造物が浮いてしまうという事例は, メキシコシティと同様の軟弱地盤をかかえる東京などでも多く起きていたり [fc2.com]します.

        対策としては, 丈夫な岩盤まで杭基礎を打ち込んで固定するとか, 建造物全体を巨大なケーソンとして自重で固定するとかが考えられそうですが, いずれにせよ技術的難度が高そうです.

        親コメント
    • by Anonymous Coward

      逆三角形だから地下水位の影響は軽減されるのではないかな?
      東京駅みたいに浮き上がったら大変だ

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...