パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Amazonが国内出版社に提案した電子書籍関連の契約書が話題に」記事へのコメント

  • 金銭的に考えると、そこまで悪くない話と思える

    よく言われる現行の配分:著者10%、印刷業者30%、出版社30%、取次8%、本屋22%
    Kindle:著者10%、出版社35%、Amazon 55%

    本の売値が同じなら、出版社の取分は5%増える。印刷費用を抑えている出版社なら同程度か。
    ただし、見落としてはいけないのは、上記は「実際に売れた本」の売上配分であるという事。実際には印刷されたうちの数十%の本が返品されてくる。これが誰の負担になるかというと、主に出版社の負担となる。
    返品率によって、上記の中での合計60%の出版社と印刷業者の二者間での配分は(出版社の赤字まで視野にい

    • by Anonymous Coward

      #おりばーたん久しぶり~ ノシ

      よく言われる現行の配分:著者10%、印刷業者30%、出版社30%、取次8%、本屋22%
      Kindle:著者10%、出版社35%、Amazon 55%

      たぶんAmazonはこう言ってくれる人を待ってるんだと思うけど、落ち着いて考えるとかなりおかしいよ。

      従来の書店の22%分はAmazonの取り分なのは当然として考えるにしても、電子化と中間抜きで無くなる(と言われる)取次と印刷業者の取り分だった38%のうち、32%をAmazonによこせと言っているんだよ。5%増やしてやるから残り32%はこっちに寄こせってどこが悪くない条件なのかと思うけど。騙されすぎ。

      • by Anonymous Coward on 2011年10月31日 15時40分 (#2042627)

        もう一つ、ここで注意しないといけないのは、Amazonは55%を自分の取り分だと言っているだけで、10%が著者の取り分にしろとは言ってないと言う所。つまり残りを出版社と著者で分けろと言っている。

        著者は従来は刷った量で印税が支払われた(売れて無くても先払い。在庫コストは追わない)が、電子書籍になると販売量での集計になる。そのため、従来と同じ印税率だと収入は減る。またリスクも増える。

        Amazonが電子化によるコスト圧縮による収益の多くを独占し、浮いたコスト5%を出版社に還元した場合、出版社がその全てを著者の収入に与えるなら出版社はそれほどメリットが無いし、半分に分け与えるのであれば2.5%ずつになるが、これはAmazonが受ける収益に比べてあまりにも小さすぎる。
        従来のコスト構造と比べて単純に比較するのは危険だと思うけど。特に著者が弱い日本の出版システムの場合は。

        親コメント

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...