パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Amazonが国内出版社に提案した電子書籍関連の契約書が話題に」記事へのコメント

  • 金銭的に考えると、そこまで悪くない話と思える

    よく言われる現行の配分:著者10%、印刷業者30%、出版社30%、取次8%、本屋22%
    Kindle:著者10%、出版社35%、Amazon 55%

    本の売値が同じなら、出版社の取分は5%増える。印刷費用を抑えている出版社なら同程度か。
    ただし、見落としてはいけないのは、上記は「実際に売れた本」の売上配分であるという事。実際には印刷されたうちの数十%の本が返品されてくる。これが誰の負担になるかというと、主に出版社の負担となる。
    返品率によって、上記の中での合計60%の出版社と印刷業者の二者間での配分は(出版社の赤字まで視野にい

    • by Anonymous Coward

      #おりばーたん久しぶり~ ノシ

      よく言われる現行の配分:著者10%、印刷業者30%、出版社30%、取次8%、本屋22%
      Kindle:著者10%、出版社35%、Amazon 55%

      たぶんAmazonはこう言ってくれる人を待ってるんだと思うけど、落ち着いて考えるとかなりおかしいよ。

      従来の書店の22%分はAmazonの取り分なのは当然として考えるにしても、電子化と中間抜きで無くなる(と言われる)取次と印刷業者の取り分だった38%のうち、32%をAmazonによこせと言っているんだよ。5%増やしてやるから残り32%はこっちに寄こせってどこが悪くない条件なのかと思うけど。騙されすぎ。

      • by Anonymous Coward

        ここまで誰も勘定に入れていないのだけど、kindleのハードウェアを売る、普及させるリスクはAmazonが負っている事実。
        逆に言えば、これに参加する出版社はプラットフォームを普及させるコスト負担が無い。
        その上で売れたらリターンがある。返本もない。
        著作権絡み以外のマイナス要因を思いつかないんだ。

        • by Anonymous Coward

          amazonのepubはamazonのkindleでしか読めないってならそうだけど。
          ガラケーでもスマホでもTabletでもnetbookでもいいわけだし、それら十二分に普及してる。
          今更、普及リスクをクローズアップするならSHARPのGARAPAGOSくらい独自路線でないと。

にわかな奴ほど語りたがる -- あるハッカー

処理中...