パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

読書の達人は脳の「視覚辞書」で言葉を認識 」記事へのコメント

  • 昔学生の頃、速読のできる友人になんでそんなに早く読めるのか聞いてみたところ、
    「看板とかに出てくる”単語”って(一字ずつではなく)瞬間的に認識できるだろ?
    慣れてくるとそれが単語単位とかじゃなくて、1行だとか、もっと大きい単位でできるようになるんだよ」
    と答えられたのを思い出した。
    • 前に速読が生かせる職種に就いていた事があります。
      10cm四方のなかに10ptくらいの文字で書かれた文章を判断して振り分けていたわけですが、
      「一文字一文字読んでいく」よりは「エリアを認識→個別に分解」といった処理をしていた気がします。

      ある程度のかたまりになっていれば読みやすいのですが、一行が30cmとか長くなったりすると相対的に読みづらいです。

      親コメント

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...