パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

読書の達人は脳の「視覚辞書」で言葉を認識 」記事へのコメント

  • 「速読の達人は~」ではなく「読書の達人は~」との記述でしたので、ちょっと気になった次第ですが、読書のスキル=速読のスキルなんですかね?
    超遅読な私の読書スキルは低劣ということになるのでしょうか。

    綴られた一語一語に込められた意味を考えたり、描写されるシーンのディテールに思いを巡らせたりしながら読むのが好きなので、同じ章を何度も読み返したり、ストーリーが展開する度にその伏線となっていたエピソードをもう一度読み返したりと、幾度となくページを遡って読み返すからです。

    速読の話では兎にも角にも文章を記憶に叩きこむテクニックの話になるようなのですが、ストーリーや小説を読むのに速読って楽しいのですか?
    それとも、単行本を数分で速読する人って、もの凄いスピードで感動してるの?
    • by Anonymous Coward

      楽しいとか楽しくないとか言ってる方は、実際に体験したことがないからではないでしょうか。
      速読は、ある一定のスピードで読むので話が理解し易い点に加え、状況をイメージしているので
      映像を見ているような感覚になります。

      映画なども同じようなことが言えます。フィルムには1コマ1コマの絵が描かれていますが
      それを眺めているだけでは何のことかわからない。スピードがあるからこそ、絵が動いて見える。

      そう考えてみれば、速読の抵抗感もなくなると思いますよ。

      • 若干オフトピですが、似たような読み方をしている私の場合、2chとか/.などの掲示板を読むのが苦手でした。

        どうも私の場合(だけじゃ無いと思うのですが)、行・頁単位で認識すると同時に、単語やセンテンスを分岐予測しているようで、
        掲示板のように相互に独立した短い文が並んでいる構造だと、予測ミスによるオーバーヘッドのコストが大きいみたいです。
        最近は慣れてきたのか、ストレスは感じませんが、小説などで行なうほどの速読は出来ませんし疲れやすいのは相変わらずみたい。
        まぁ、元よりさほど速い訳では無いですが。

        更に駄目なのがニコニコ動画の字幕で、動画の視聴を邪魔するものとしか私には認識出来ないです。
        コメントそのものはたまに面白いものが有るので、右側のリストを同期スクロールさせて読むこともありますが。

        親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...