パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

TerraPower社、進行波炉の共同開発に向けて中国と交渉中」記事へのコメント

  • 安全性で言ったら臨界状態を制御棒で未臨界状態にする普通の原子炉とは逆に未臨界状態を反射材で臨界状態にするから基本的に壊れたら停まるくらいで、崩壊熱は普通に発生するから停止後も放熱しなきゃならんのは同じだし。あと、高速増殖炉特有の「謎の出力低下」は避けられないようなな気がする。

    • by Anonymous Coward

      いろいろ優れた特徴はあるのだろうけど、CANDLE炉の資料には形式にもよるが実現には燃料被覆管等の素材開発・材料開発も必要と書いてあった.
      それだけでも数十年がかりの先の長い話にはるはずですね.

      一般常識の範囲で考えても新型炉の実現には、研究炉だか試験炉だか実証炉、商業発電のための原型炉、小~中出力の商業炉、大出力の実用炉等々と順を追って開発しなければならないのだろうから、やっぱり数十年がかりの長い話になるのでは? 
      中国だって、その間に人口減少が始まって電力需要が減少してしまうのではないかな? 一人っ子政策だから少子化の影響は日本どころじゃないでしょう.

      • by Anonymous Coward on 2011年12月11日 15時36分 (#2064873)

        これに限らず新エネルギー開発となると、どれも数十年オーダーの話でしょう。
        そんなのは言うまでもない。

        そして化石燃料の枯渇はそんなに先の話ではないので、枯渇する前に新エネルギーを実用化
        させられるかは心元ない状態で、まさに待ったなしと言って良い。多少は少子化が進んだところで
        エネルギー枯渇を若干先延ばしにする程度。(少子高齢化があらたな社会不安や経済破綻を
        生み出すのは、日本を見ても分かるとおり。だから中国が急速な高齢化をこれ以上に推進するのは
        考えにくい。)多少減ったとしてもそれでもなお数億の人口を有する中国が危機感を持つのは当然だと思う。

        そして中国としては、仮に自国のエネルギーを化石燃料でまかなえたとしても、そして
        もし仮に進行波炉の開発に成功したのであれば、進行波炉の輸出を新たな産業とすれば
        いいだけなので、技術開発自体が無駄になるわけではない。

        むしろ日本の政治家の方がポーズだけだよね。
        脱原発を口にする知事とかいるけど、代替エネルギーの提案とセットで脱原発の
        ロードマップを提示している人や組織となると皆無という有様。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          >そして化石燃料の枯渇はそんなに先の話ではないので、枯渇する前に新エネルギーを実用化
          >させられるかは心元ない状態で、まさに待ったなしと言って良い。
          概ね同意だけど。
          日本に限っていえば、枯渇より先に燃料の購買力を保てなくなる方が問題だよね。
          世界人口が70億人を超え。100億人も間近。今後は化石燃料の価格が高騰は必至だから。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...