パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

オーバークロックはもう古い? 」記事へのコメント

  • かつて、オーバークロックが最も流行していたのはCeleron300Aの頃だったように記憶しています。
    なんと言っても、300MHz の CPU が 1.5倍の 450MHz か、条件次第ではそれ以上で動いてましたから。
    (300A はさらにシングルのものがデュアルCPUとして動いてましたから、そりゃもうすさまじい性能アップ!)

    今も同じくらいのゲインがあれば、つまり比較的容易に 2GHz の CPU が 3GHz で動いたり、
    2.8GHz CPU が 4.2 GHz で動いたら、もう少し盛り上がるんじゃないですかね。

    • by Anonymous Coward

      あんれ? 300Aはシングルコアでしょ? ハイパースレッディングもまだ無いし。

      >(300A はさらにシングルのものがデュアルCPUとして動いてましたから、そりゃもうすさまじい性能アップ!)

      デュアルCPU用として流用できたのかな。それは知らなかった。
      当時、デュアルCPUマザボなんて滅多に見ませんでしたよねぇ…。

      私は、K6-2のオーバークロックを良くやってましたね。
      コア周波数上げるより、ベースクロック上げた方がパフォーマンス良かった。
      ベース66MHzの233MHzを、ペース75MHzの338MHzで動かすのが安定してて良かったかな。

      mp3のエンコードにも一晩かかるような時代ですから、ちょっとのクロック向上でも効果抜群で、楽しい時代でした…。

      • えーとCeleron300Aは特定のピンをなにすると, 通常はシングルCPUでしか使えない(SMP構成にするには正式にはPentium2/iiiが必要)物がSMP構成で使えるようになっていました. 特にSocket370タイプのCeleron300AではCPU自体に手を加えずにマザーボード側のみでSMP構成に出来たため, ABIT BP6 [impress.co.jp]なんていうキワ物まで出ました. キワ物と言っても, このBP6は個人向けとしてはかなりのヒット商品でした.

        もっとも, SMP環境を生かそうとしたら, 1999年当時ではSolarisや*BSD, Linux, BeOSそれにWindowsNT(Windows2000もまだ出てない)あたりを使うことになりますので, 多くの人には相等に敷居が高いものであったことも確かです.

        親コメント

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ見習い

処理中...